テーマ:はな

意外な色

 幅広の羽を「ぱたぱた」「ひらひら」させて飛ぶミヤマカワトンボ。イトトンボ型のとんぼとしてはかなり大型で、羽が黒いのでなおさら存在感がある。胴体部分は、メタリック・グリーン。「チョウ?いや、トンボだ。」シーズン始めに現われたときには、いつもそんな感じだ。  花の大きさ、わずかに1センチほどのダイアンサス・イエロー・ハーモニ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

似ている 似ていない 2011年初夏

 ミツバシモツケ。意外なことに、バラの仲間。  上はシオカラトンボのオス、下はシオヤトンボのオス。シオヤトンボの方が1か月近く早く、5月の連休・田植えのために水を張った田に早速飛んでくる。そして下は、そのシオヤトンボのメスまたはわかいオス。シオカラトンボと体長はほぼ同じたが、腹の部分が幅広・扁平。  
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

まだまだ寒い

 沖縄県では、二期作・三期作で作る稲刈りの1回目があったそうだが、このあたりの気候では、ストーブを3月末にしまい、こたつ布団を4月中に片付けるのが例年。しかし、今年はいまだ最後のこたつ掛け一枚が外せない寒さが残っている。昼間は太平洋側平野部と、さほど変わらない高温にもなるのだが、夜、雨が降ったりすればぞくぞくしてしまう。  そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なつかしいかおり

 まだ、自生の物が開花するには早い時期。花色が珍しかったので一株購入した、白地に黄の絞りが入った「ミラビリス・マーブルス」こんな名前だったのか、おそるべしオシロイバナ。  黒く熟した大粒の種は、子ども時代の魅力的な遊び道具だった。「おしろい」の名前の通り、タネの中にある子房を指先でつぶすと、真っ白な粉になって砕けた。夕刻になる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横顔美人 2

 今シーズン最初に開花するクリスマスローズ・ピンクラッフルズ。地際にうつむき加減に咲くので、なかなか花の正面からの表情が見えづらいけれども、横向きのの色合いが美しいと思う。のぞき込んで見れば、花の中央に濃色が花芯を際だたせている。  5日のクイズの答え。  上の写真はネコヤナギ。固い殻をかぶっていたものを脱いで、つや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

啓蟄

 蠢き(うごめき)始めるのは、動物ばかりではない。花々たちも、日々、目に見えてうごめき始めている。         ムスカリ(品種によって成長の早さに差あり)              クロッカス 3月5日                 同   3月6日        ラッキー&ハッピー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

似ている 似ていない

 似ているものを2つ並べてみた。クイズ!!何と何か。  鹿児島紅。紅梅の中でもかなり濃色。小ぶりの花で、剪定すると枝の断面まで赤みを帯びている。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花のコレクション うつわ編

  小さな黒漆塗りの皿に、四季折々の野の花があしらわれている。よそ行きではない花たちにひかれて、4年ほど前に骨董市で手に入れた。描線が生き生きしているのも、私にとっては大切なポイント。                シュンラン                ニホンスイセン                フク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年のおひなさま

 節分から1か月、ようやくセツブンソウが開花。この2週間ほどストーブ無し(こたつは絶対不可欠)で過ごしていたが、さすがにこの余寒、寒の戻りは厳しい。スイレン鉢などにも薄氷が。戸外に出すには早かったかと、心配な鉢もいくつか。  今年のおひなさま。愛知県豊田市足助「中馬のおひなさま」で昨年購入。旧街道の家々・店舗にそれぞれのお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冷たい雨

    予報以上によく雨が降る。枯れ草を取り除いた思いがけない場所に、フキノトウが。雨にしっとり濡れて、緑も鮮やかになっている。乾燥が続いた後の浅い春の雨は、柔らかな緑たちの成長を後押しするかのよう。                 クロモジ               梅 「思いのまま」        …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春を持ち上げて

 秋から早くもつぼみをたわわにつけていた、馬酔木(あせび)の花がようやく開花。開いたばかりで、芳香がまだ薄い。スズランのように花の先が反転していて愛らしい。  2回目登場のフクジュソウ。先日のものは日当たりの良い場所、こちらはやや日照時間が少ないもの。伸び放題のササや枯れ葉を全て取り除いたら、周りの草花を押しのけ、押し上げ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トップバッターは?

   マンサクを「まず咲く」を語源とする説があるが、果たして本当に最初に咲くのは、なんだろう。  野草で早いのは、オオイヌノフグリ。年明けに日だまりができれば、空色の花を太陽に向けて開いている。  木の花でつぼみを早く着けるのが、アセビ・ジンチョウゲ。けれども後からぐんぐんふくらんできた梅に、追い越されそう。ジンチョウゲでも、一般…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横顔美人

 虫喰いではない。近頃は、こんなビオラにも出会うことができる。パンジーにもフリルや八重咲きがあるけれども、ビオラの形のバリエーションの多さには、毎年シーズン驚かされている。正面から見るよりも、むしろ横からの方がより美しく見える気がする。しかもこのビオラは、あんなに寒かった冬の間も、一番元気に花を咲かせ続けていたの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勝手に春一番

 21日。「日本海側に低気圧があり風速8メートル以上の南風が吹くこと」というが、気圧配置に低気圧の陰無し。快適な日差しと気温と南風。なんの文句もあるまい。つい1週間前まで雪に覆われていたのだから、この小さな花たちの輝きの美しさは、何物にも代え難い。  久しぶりのクイズ!!これは何? 2月26日 記  25日午前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はつばな

 今シーズン最初の萩、ヤクシマハギ。株も葉も花も全てが一般的なハギの、半分のサイズ。コンパクトで形が良く、バランスが良く見えて、いわゆる図案化されたハギそのままの形。色ははっきりと濃い。園芸店で入手したのもこの時季で、一回だけの開花。つまり、夏を折り返し点にして、普通萩が咲く時期の秋と、今の気候が近いということか。他のハギはこんな時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あじさい アジサイ

                   土佐の緑風                    剣の舞                    四季咲きヒメアジサイ                     藍姫                     クレナイ                 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5つめの季節

 年間を通じて暑い気候の国などでは、四季ではなくて「雨季」「乾期」の2つの季節に分けたりすることが多いが、その「雨季」も日本の梅雨とは雨の降り方が違うという。しかし、最近の日本でも、「春夏秋冬」の他に、雨季としての「梅雨」を季節の1つとして数えるのが適当ではないかといった意見が、よく聞かれる。  今年、この辺りではずっと寒い春を過ごし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨ニモ負ケズ

 バラが次々に開花。山間部ゆえ春の到来が遅い分、芽吹きや開花も遅くなる。それなのに入梅は平野並みなので、雨の中の開花となってしまうのが悩みの種。  ピエール・ド・ロンサール。関東甲信、東北南部入梅。この地方は昨日。今日は一日、降ったり止んだり。今年は陽性の梅雨とも言われているが…。                     …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

梅雨入り

                    ヒルザキツキミソウ  四国・中国・近畿・東海が午前中に、午後から北陸地方が梅雨入りした。実際、この地方で雨が降り始めたのは日没後だった。降れば降ったで愚痴をこぼすのだろうけれど、やはりその時あるべきものがあるべきところになければ、というのは、雨だって同じ。彼らなどは、きっと待望の雨。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨の前ぶれ ~山里編~

                   コアジサイ                      ナルコユリ ユキノシタ                    スイカズラ                    シソ科 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

バラ科とは言うけれど

 ギレニア。それよりも、三つ葉シモツケ、と呼んだ方が身元がわかりやすい。和の風情だけれども北米原産。写真にまとめにくい姿をしていて、繊細さと全体像を見せるのが、わがカメラでは難しい。(単に腕の問題か。)  もうしばらくすると咲き始めるシモツケやキョウガノコ、春の初めの庭を彩っていたユキヤナギの仲間、もっと言えばバラ科だと言うけれど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

働き者 がんばる

 毎年この時季に、あまり歓迎したくないものが色々と花たちを訪れる。バラについていることが多いが、これはブルーベリーにつくられた、オトシブミのゆりかご。中には卵が産み付けてあり、孵化した幼虫が葉を食べられるようになっている。  ヒメクロオトシブミという、5㎜足らずの独特な形をした小さな甲虫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨をてなづける

             エーデルワイス  列島上空に、季節はずれの寒気があるという。ここのところ、一番気温が上がる、午後3時から4時ごろに決まって雨が降る。今日は、雷のおまけもついた。確かに今も寒い。  洗濯物だの、外の仕事の都合だのと、雨のせいにしてぼやくのもつまらない。雲行きや、気温の変わり方で、雨が降るとわかっている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は和風に

 桜島が噴火したそうだ。政界の騒ぎで、私の耳には届いてこなかった。口蹄疫も心配。  昨日はバラばかりだったので、今日は和で。  チョウジソウ。涼やかな澄んだ青。  ヒトツバタゴ。この地方では、「ナンジャモンジャの木」として知られてていて、大きな一本木が、季節はずれの大雪をかぶったように真っ白に花で覆われる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月 はじまる

 寒い6月のはじまり。もともと少々冬の長いこの土地だけれども、少しやせ我慢をして3月末にストーブ、4月末にはこたつを片付けることにしている。きりがないから。それが、いまだこたつ布団の片付けはおろか、スイッチさえ入れる日々が続いている。  花たちも10日から半月ほど、遅れているような気がする。  週間天気予報は、ずっと太陽が並んでいる…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

立春

 旧暦の年の変わり目に、再開します。…と言っても既に、ため日記の様相が…。  台風以降の話題を放置したまま、冬を迎えて半ばを過ぎた。寒さも今が底。例年と比べて極端に寒くはないが、暖冬とも言えず、清く正しい(?!)春を迎えるためには、ほどほどの冬だと思っている。  まだまだかたく丸まった、フキノトウ。    マンサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年も咲いた

 天候不順、梅雨明けの気配なし。しかし、今年も咲いてくれた。心なしか、小さく。  シラタマホシクサの花芽も、早いものはあがってきている。  30日・31日とつかの間の晴れ間。ふと目をやると、こんな天候の中で稲の開花。  ミヤマアカネ。雨の続く中で、無事羽化していた。セミもトンボも、この雨続きの中でがんばっている。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ばらたち

 梅雨入りは間近に迫っている。山間部には、ハンディキャップがある。春の訪れはかなり遅い。にもかかわらず、梅雨入りは何歩も先に季節を進めている沿岸部と同じ。つまり、花々が最盛期を迎えるこれから、という時期に雨が続いてしまい、恵みの雨ならぬ「花くたし」になってしまうのだ。湿度と少々高めの温度に、せっかくの花の寿命が短くなってしまう…。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月に

 6月は私自身思い入れの多い月。少し遅くなったけれども、6月初めの写真は、この花と決めていたので…。  ムラサキツユクサの園芸種で、西洋種でもあるようだ。変化球だが、本来の青紫色ではなく、赤紫と白地に薄紫のものを。個人的なことになってしまうが、「今日はこの花をMさんに捧げます」。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more