ちいさな植物園

アクセスカウンタ

zoom RSS デビュー

<<   作成日時 : 2009/06/18 18:19   >>

トラックバック 0 / コメント 6

画像

 正午前後から降り始めた雨に誘われるかのように、陸に上がってきたアマガエルたち。今シーズンは初めて。

画像

 「しっぽがまだ、消えてないんだ…。」
 さて、下の2枚は視力検査のような…。何が写っているでしょう?

画像


画像

 上はクモ、下はメダカの生まれたての子ども。まさに「クモの子が散っていく」様子。メダカも生まれた直後で、既に11日前のことだが、いまだ孵化は続いている。汚れた水槽と水草をきれいにしようと、ウィローモスを新しい水に移したところ、一気に孵化が始まった。初めから親と引き離した状態にできたので、大量の稚魚が育ちつつある。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
あまがえるの季節なんですね。
おたまじゃくしを飽きもせず、ひたすら眺めていた頃があったっけなあ〜と、思い出しました。
メダカなんて、とんと見かけなくなっていますが、まだ自然に生きていいてくれるのでしょうか。
名古屋はもう蒸し暑くなっています。もうそちらはホタルもとんでいるのでしょうか。何年も見ていないですが。

U子
2009/06/21 00:04
こんにちは。カエルの季節ですよ〜。私はいまだに飽きずオタマやカエルたちを眺める生活をしています。今日は、雨でもムシムシしたいや〜な暑さがこちらでもあります。そうそう昨晩最初のホタルが出ました。夜の気温がずっと低かったので、「いつ出てくれるかな?」と思っていましたが、ちゃんと例年通りに出てきてくれて一安心です。でも、道路の拡幅とか護岸、土留めと称して、あちこちで土が掘られたりコンクリートで固められて、ここしばらくの間だけとっても、ホタルのすみかや内緒の花園が消えていきました。生きものたちはおろか、人間の私にさえそれが止められないのが歯がゆいです。ホタル、見てもらいたいな。
そうそう、メダカだけは、天然物ではなくて、頂き物だったり買ったものだったりします。ここの田んぼは渓流の水で冷たく、メダカが棲むには不向きなのです。あしからずです。
U子さんへ
2009/06/21 15:23
何のデビューかと思ったら、アマガエルでしたか・・・
アマガエルは大丈夫です。捕まえられます。カワイイ奴ですね。雨の季節の到来ということでしょうか?本格的な夏が、もうそこまで来ましたね。
庭花
2009/06/25 14:55
こんにちは。
カエルに限らず、トカゲやヘビのちびっ子にも出会いますよ。モリアオガエルは、そろそろ卵からオタマがぽとりぽとりと落ちる頃です。(今話題の空から降るオタマとは別物です)
まだ、警戒心が薄い上に大量にいるので(葉っぱという葉っぱが一枚に一匹といった感じで占領されています)どこかにカメラを向ければ、こんな風に写ってくれます。でも、ヘビもたくさんいるということは、彼らが食べられているのだと思います。やはり天気が悪くなるときには、ちゃんと現われてゆっくりお昼寝しています。ややカラ梅雨気味なので、田んぼをやっている身には気がかりでもあります。
庭花さんへ
2009/06/26 11:01
蛙さん、とてもキュートですね。私は蛙のグッズを集めているのでこの写真は嬉しいです。また遊びに来ますね。
dragon pearl
2009/06/28 18:42
初めまして。コメントをありがとうございました。
この頃少しサボり気味ですが、またご覧いただければ嬉しいです。
過去にもカエルたちはたくさん登場しますので(なにしろ野生生物の方のほうが人間より格段に多いんです。)覗いてみてくださいね。この子たちは体長1センチちょっと、といったサイズです。正面からカメラを向けると素早くカメラ目線をはずすので、正面写真は貴重です。
dragon pearlさんへ
2009/07/01 10:35

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Link 私のお薦めです

 
デビュー ちいさな植物園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる