ちいさな植物園

アクセスカウンタ

zoom RSS オリオン座流星群?

<<   作成日時 : 2008/10/02 11:36   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 昨夜は久しぶりの晴天。月がないだけ、よりいっそう星たちが輝きを増している。冷たく乾き始めた空気に、しばし未明の空を見上げていた。すると、長くない時間のうちに、2つ3つと星が流れた。頭上にはオリオン。今月中旬過ぎに極大を迎えるオリオン座流星群か、あるいは以前は頻繁に話題になったジャコビニ流星群か。まだまだ、その時期に入ったばかりのようだが…。オリオンの形を見失いそうになるぐらい、昨夜はたくさんの星が見えた。

画像

 ダイモンジソウ。今季初めての花。地上の星、と呼ぶにはあまりにささやか。

画像

 鳥の落とし物から生えた、シロシキブ。紫を期待していたら白だった。数はこちらの方が少ないけれど、どうやらすぐご近所での、お食事後のようだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
だいもんじそう。またまた可憐な花。大文字って名前はどうですか?花の名前でえーこれどうしてというのありますよね。あこがれのむらさきしきぶの鉢植え友達にもらいました。ところがどんどん枯れていってるのです。どうしてでしょう。早く土にうえてみよう。
鉢植えだと特にからしてしまうので。むらさきとまだ緑だった実がどんどん茶色に。あーあー。
白もきれいですね。
又植物の本を図書館から借りてきて眺めています。
一橋の秋の草花をみつけにいかなきゃ。
kodama
2008/10/03 04:39
こんにちは。ダイモンジソウは字のごとく「大」の形をしているからこの名前で、「人」の形のジンジソウもあります。鉢植えだと、水不足になることも多いし、売られる直前に植え替えて、根が切れていたりすることも多いのです。枯れていなければ、春に新しい枝が出るので、短めに切って植え替えた方がいいかもしれません。もともと、湿気の多いところのものなので、やや日陰気味の場所でも大丈夫です。(水を好むかどうか、土が酸性を好むかアルカリ性か、光はどうか、あたりがポイントです。地植えは鉢より育てやすいことが多いです。) 種を蒔くと、2〜3年で実がつき始めますが、良く色づいた種の果肉の部分をきれいに取り除かないと、発芽しにくいです。(鳥が食べて消化したのと同じ状態にするのです。)基本的にタネができる時季にそのまま播けば、いくつかは芽が出ると思います。ちょっと気長な話ですけれど。自分だけの「花園」を持っているのは、すてきなことですね。ここらあたりだと、ジャングルですが。でも、今年も「発見」したものがあって、そろそろ種をとりに行こうか…と考えています。
kodamaさんへ
2008/10/03 15:54
明日早速短く切って植え替えてみます。
近所で紫式部の美しい紫を見た後、家に帰ると茶色。悲しくなってきます。玄関わき、道路に面したところに小さい花壇?があるので。
kodama
2008/10/04 03:01
おはようございます。鉢での水管理は結構大変に感じることもあります。移動できたりして利点もあるのですが。玄関にムラサキシキブなんて、なかなかいいですね。うまく根付いてくれるように、祈っています。環境の変化に、株が疲れてしまうこともあり、復活する望みは充分あります。半年後を期待して、気長に待ちましょう。
kodamaさんへ
2008/10/04 10:47

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Link 私のお薦めです

 
オリオン座流星群? ちいさな植物園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる