ちいさな植物園

アクセスカウンタ

zoom RSS 水の中の小さな世界

<<   作成日時 : 2008/08/20 20:21   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像

 1か月ほど前に、水生植物の鉢をいくつか始めたときボウフラ対策に雇い入れたメダカ隊は、元気に泳ぎ回ってボウフラやミジンコをしっかり食べてくれているようだ。直射日光と夕立の雨除けに鉢を半分覆っていたが、それをはずしてみると、可憐なガガブタの花が咲いていた。
 スイレンの葉を小さくしたような模様入りの葉がずいぶん増えてきて、放っておいても水は澄んだままでメダカたちは元気。ついには卵からも孵化したようで、子メダカまで泳ぎ始めてなかなか順調。四つ葉のクローバーのように見えるのは、デンジソウ。

画像

                     トノサマガエル

画像

                     マツモムシ

 時に珍客が訪れて、「メダカが食べられてしまわないか」と気をもんだりもするが、何度も姿を見せるこのカエルくんは、自分専用のプールと思っているのか、メダカたちも何とか上手に今のところは共存しているようだ。なにしろ、5つ並んでいる鉢の、決まって1つだけに浸かっているカエルくん、この暑さを田んぼではなくてアマゾンフロックピットのある鉢を、選んでいるのだかどうだか…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
水生生物の鉢。夏らしくていいですね。メダカもカエルも、みんなが共存できるすてきな場所なのですね。
ひめだかさんの植物園は、次から次へとネタが飛び出してくる、魔法の植物園ですね。毎度毎度感心するやら、うらやましいやら。(知ってていうのもなんですが)広大な植物園がひろがっているようです。

ぶち
2008/08/21 12:26
いつも遊びに来てくださって、ありがとうございます。わが植物園も暑さの峠を越えて、ほっとひといきついています。今日はまさに「秋の1日」、とても快適です。
極小植物園ですが毎日いろいろなことが、たぶん見ていないときにも起こっていて、私は少しだけ分けてもらっているに過ぎません。これから稲刈りなどのイベント(苦笑)もありますし。心だけは広大な植物園の主であります。水生植物、案外暑い町の中向きかもしれないですよ。そちらの画像の中の熱帯スイレン、こちらでは冬を越せませんからね。オアシスとしていかがですか?
ぶちさんへ
2008/08/21 16:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Link 私のお薦めです

 
水の中の小さな世界 ちいさな植物園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる