ちいさな植物園

アクセスカウンタ

zoom RSS 麦秋

<<   作成日時 : 2008/06/12 00:54   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像

 県内平野部の、一大農業地帯。自動車工業立県地として世界的にすら知られている土地ではあるが、隣接した土地にはこのように見渡す限りの小麦畑、しばらくすると田植えがされてまた青々した大地が広がっていくことだろう。最近は国産小麦として、地産地消の製菓材料などに利用されつつあるようだ。上空から眺めたら、さぞかし美しい光景であろうと想像していたら、パッチワークのような麦畑、とコメントされてちゃんと朝刊第1面を飾っていた。

画像


 例年通り梅ジュース用のシロップの仕込みをした。小さな桃と見まがうほど大きな実も混ざった青梅を、ヘタを取り除きながら傷の有無で選別して17s以上、近隣の梅農家から直接買ってきての作業。そのうち3分の1はオマケとしていただいたものだが…。今年は、氷砂糖が高くなってきた上に、いただき物の白砂糖を持て余していたので、半分はそれを利用しての漬け込み。洗って水を切って火を止めた沸騰湯に20分浸け、引き上げて同割の砂糖で1週間ほどエキスを抽出する。さて今年のできばえは如何に…。作り方詳細は昨シーズンの記事にて。

 11日、中国地方入梅。晴れ間には田の雑草取りもぼつぼつ。注意しないと、時々モグラがあけた穴から、田の水が抜けていることもある。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
広大な小麦畑ですね。心まで広々とした感覚になります。上空から眺めるとパッチワークのようですか?何となく想像できます。
梅雨の季節になります。モグラが悪さをしないように願いましょう・・・
庭花
2008/06/13 08:08
こんにちは。コメントをありがとうございます。
麦畑、もっといいアングルを探して撮るべきだったかな、と反省しています。もっと、「見渡す限り」をお伝えしたかったです。稲の実りの時もうつくしいですが、麦の何とも言えないいい色には、「豊かな実りをありがとう」といいたくなります。
モグラは地中のミミズなどを捕るだけで、作物を荒らしたりはしないのですが、田んぼの水が抜けてしまうような大工事もしでかしてくれます。困ったものです。でも、モグラを始め田んぼ周りの動物たちは害虫も捕ってくれるので、やっぱり必要な存在です。
庭花さんへ
2008/06/13 17:18

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Link 私のお薦めです

 
麦秋 ちいさな植物園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる