ちいさな植物園

アクセスカウンタ

zoom RSS 初冬の花

<<   作成日時 : 2007/11/07 20:52   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像

 リュウノウギクの蜜を、虫たちが仲良く吸っています。この小さな野ギクは、寒くなり始める時期に湿った崖などに花を咲かせています。野菊の仲間は似たものが多く、見分けることが難しいのです。

画像

 原種のシクラメン。ずっとこの場所に植えたまま、3回目の冬になります。野生では、20年もの、などというものもあるようですが、普通のシクラメンに比べて根茎が大きく花は小さめです。

画像

 卓上に並べたまま、とうとう植えないまま開花させてしまったサフラン。深紅のめしべは乾燥させて香辛料として、サフランライスやブイヤベースの色と風味付けに使われます。乾燥したものは、保存がよければずいぶん長く成分は保たれるようです。婦人病に薬効があると言われ、案外昔から日本でも栽培されていたようです。料理に使うときには、一度水に浸して色を出したものをそのまま加えるとよいようです。びっくりするほど鮮やかな色が、少量でも出て、使いすぎると薬っぽい味になってしまいます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
確かに野菊は似たものが多いので困ります。僕の場合は、名前を言わずに野菊と開き直って言っています(笑)。
原種のシクラメンですか、凄いのをお持ちですね。地植えですか・・・2度目のビックリです。色合いに可憐さを感じます。
サフランに最初は気付きませんでした(汗)。こんなに沢山のサフランの花が集まっている様子を見たのは初めてです!
庭花
2007/11/09 15:24
最近、野菊だけの図鑑が出たぐらい、種類が多くて素人の私には、何がなんだか…。これは、自分の持っているものが果たして何なのかを確認するために、見本の苗を買って咲かせたもので、もともと自分が長く育てている者と違って栽培されたものです。でも、名前なんてどうでもよくて、毎年そこに行けば必ず会える、再会を喜び合えることが花でも人でも大切なのだと思います。
 シクラメンのこういう姿を見ると、これからたくさん出回る華やかなシクラメンとは全く別のものに思えます。雪の下でも全く何ともないですよ。地味なので園芸店では、余り人気がないようですが、根茎だけで出回っています。サフランは手抜きをしているうちに、あっという間に伸びて、花が咲いてしまいました。部屋中に独特の香りが漂っています。
庭花さんへ
2007/11/09 16:15

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Link 私のお薦めです

 
初冬の花 ちいさな植物園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる