ちいさな植物園

アクセスカウンタ

zoom RSS black & black

<<   作成日時 : 2007/07/08 23:41   >>

トラックバック 0 / コメント 4

画像

スカビオサ=セイヨウマツムシソウ・エースオブスペード。マツムシソウからは、ずいぶん遠いような……。黒花に惹かれて育ててみたら、がっしりして花もこんもりと厚みがある。えび茶色の濃色のようだ。

画像
 
 正式名は不明だが、長野県大鹿村で青いケシを見に行ったとき、栽培農家の人から「黒ホオズキ」と言われて買った。葉にごく細かい黒い斑点があるところも、少し変わっている。小さな実がついていて、徐々に黒っぽくなっている。

 訂正。苗を買った時からの勘違いで、実だとばかり思いこんでいたものは、つぼみのガクだと今日(7月9日)になって判明した。こんなシックな花が咲こうとしている。普通のホオズキと花そのものは同じだが、色違い。葉の斑点に見えたものも、虫の眼になってみると、太めの毛が黒くなっているのがわかった。もう、ミクロの世界。

画像


画像


画像

 オオシオカラトンボのオス。複眼が黒いところで、シオカラトンボと見分ける。青みがかかったグレーで、精悍な印象だ。前にも紹介したこの下の産卵中のトンボが、オオシオカラトンボのメスかもしれないが、別種の可能性もある。

画像


画像

 ツバメシジミ。シジミチョウは、身近すぎて漫然とみていたが、ちょっぴりぴんと伸びたしっぽ(専門的にはそんな風には呼ばないだろう)がかわいらしい。内側と外側では、全く印象が変わる。

画像


 7月9日 追記 : ヒグラシが鳴き始めた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
またまた昆虫ネタですね。写真のツバメシジミははねの色が地味なので♀(雌)ですよね。
「しっぽ」という表現はおしい! 尾状突起(びじょうとっき)といいます。
こちらのブログは東谷山のお猿さんのサイトのゲストブックで知ったので開設時より拝見していますよ。うちのサギソウは2年連続でちょっと苦戦中です(葉の先が溶けてきています)シラタマホシクサにいたっては最悪状態です(大阪の環境に合わないのか育て方に問題があるのか…)
mizuwarabi
2007/07/09 19:19
 昆虫は「初心者マーク」です。PCで拡大して初めて「尾状突起」を見つけたぐらいですから。なおかつ、一番下の写真では、産卵のような姿勢ですよね。何しているのでしょう。まさか、クローバーの花に産卵しているのでしょうか。あっ、こっちから質問してどうするんだ、ですね。でも、お教えいただきありがとうございました。
 サギソウ、うちでは何の問題もありませんが、お猿さんの方には、たくさん相談が集まっていますね。お医者さんのようになっています。お猿さん宅は訪ねていったのですが、見事にサギソウが一面を埋めています。ただし私はシラタマホシクサの時期に行ったので、花は見ていません。そこは名古屋でも郊外で里山に近い環境ですが、都心部であればお猿さんが心配するように、水質や気温・水温など、サギソウが障害を起こす原因がいろいろありそうです。あまり水温が上がりっぱなしになるのも、負担になるのでしょう。後、風通しは良くないと悪い結果になりそうですよ。あと1ヶ月で開花時期です。いい結果が出ますように!!
mizuwarabiさんへ
2007/07/10 00:09
たびたび書き込んで申し訳ありません。
写真はどう見ても産卵行動の体勢ですね。クローバー(ツバメシジミの食草の一つ)の場合、花の隙間の奥に白い卵を1つ産みつけます。飛び去った後の花を確認すると卵があるかも? 今までのブログの記事からひょっとしたらギフチョウなども飛んで来そうなところに住んでおられるのかなぁと勝手に景色を想像しています。(ヤマネの訪問がある家なんて最高じゃないですか)春、山間部の桜の花に小型の黄色い蝶が来ていたらギフチョウかも?
私の一度見てみたいものにカタクリの花に飛来するギフチョウと田んぼに雑草として生えているホシクサ(星草)があるのですがそちらにはそのようなロケーションがありませんか?
mizuwarabi
2007/07/10 17:48
いろいろ楽しい話題を投げかけてくださって、ありがとうございます。クローバーはどの花かがわかっているので、雨のやみ間にでものぞていみてみましょう。食草に入っていたのでどうかと思いましたが、まさか花に産卵するとはねぇ。
 おたずねの件について。ギフチョウですか……。カンアオイをこの辺で見たことがないので、どうでしょうね。スギ・ヒノキの植林が多く、雑木林が少ないのです。皆無との断定がしにくい、といったところです。元の職場で、まさにカタクリにギフチョウの写真を撮って、いただいたことがありますが、もうちょっと里山の植林ばかりではない地域にお住まいでした。ここからは60qほど離れています。桜の咲く頃は、わりと他のチョウが少ないですから、気をつけてみていれば、どこかに飛んでいないとも限りませんね。ただしカタクリは、サルに食べられて絶滅寸前のようです。
 ホシクサは、似たようなものは稲刈り後にみられます。シラタマホシクサの小型のようなものだと思いますが、地面に張り付くような感じで生えているのは、そのものではないにしても近い仲間だと思います。その時期には、報告します。
mizuwarabiさんへ
2007/07/10 20:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Link 私のお薦めです

 
black & black ちいさな植物園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる