ちいさな植物園

アクセスカウンタ

zoom RSS 騒がしい6月の夜

<<   作成日時 : 2007/06/14 03:55   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像

 今も、目の前のガラスを小さなカエルがよじ登っていく。暖かくなって、湿気のある夜には、高いところまで虫を求めて動き回る。

 昨晩は賑やかだった。午前3時にホトトギスが甲高い声で鳴いていたのには、驚いた。例年夜明け前から鳴くけれど、3時とは……。(実は今も3時の時報のように鳴いている。)山の中には、二頭以上のニホンジカ(ホンシュウジカ)。哀しげな鳴き声で、鳴き交わしている。他にも何かが戸外にいる気配。正体を突き止めるには及ばずに終わる。そして夜が明けて……。

画像

 あるわ、あるわ。一晩で無数に産み付けられた、モリアオガエルの卵。案外泡は固く、重量もあって、中に点々と薄い黄色の卵が浮いているように混ざっている。

画像

 何を間違えたのか、こんなところにも。

画像
 
 夕方になると、強い香りを放つ、スイカズラ。ツルが四方にどんどん伸びるので、ばっさり切ってもすぐ元に戻る。新しい花は白くて、日がたつと、黄色くなっていく。
 冒頭の花は、カンパニュラ。ヨーロッパ原産の小輪。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
モリアオガエルの卵・・・
お陰様で、ジックリ見る事が出来ました。卵というか泡のようですね。中には、場所を勘違いして卵を産み付ける親もいるようですね(笑)。
庭花
2007/06/15 14:50
 こんばんは。見て頂いて、ありがとうございます。
 モリアオガエルの卵は、シェービング・フォームのような感じで、大きさは結構大きく、触ると崩れず、膜が張ったように丈夫で消えない、破れない、弾力のあるものです。
 至近距離に見えるところにも産んでくれたので、観察しやすいです。一晩で一気に10コぐらい、卵塊が増えました。それに、田んぼの上に枝を伸ばしている木にも産み付けられたので、「何故その下に水があるとわかるのだろう」と、感心させられます。今度、産卵現場が見てみたいものですね。
庭花さんへ
2007/06/16 01:51

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Link 私のお薦めです

 
騒がしい6月の夜 ちいさな植物園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる