ちいさな植物園

アクセスカウンタ

zoom RSS うつろう色

<<   作成日時 : 2007/04/07 18:01   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像

 やわらかな春の日差しのような優しい色あいのムスカリ・ピンクサンライズとプスキニア。何か語り合っているようにも見えます。あらためて、ムスカリをどうぞ。

画像

 まだ咲き始めない、ベビーブルーのムスカリを待ちつつも、ちょっと「見てみて!」といいたくなるピンクです。言わないほうが本当はいいのかもしれないけれど、普通の球根10個分でした。家族には内緒です。寒い時期、クリスマスローズなども変わった色や配色、花弁の変化、八重咲きなど、お金を出せばいくらでも珍しいものが買えるのだけれど、そこは気長に2〜3年待つつもりで珍しい苗の小さいのや花後の値引品を選びます。そんな中から、今年は黒系・アプリコット系・ニゲルのダブル(ダブルファンタジー)・ピコティなどが咲いてくれました。

画像

 変わった色のふたつめ。キバナで売っていたものの、本当のキバナスミレではありません。少しムラサキもさしていて、白花に黄みがかかっているといったほうがよさそうです。野生種ではないようです。

画像

 この冬咲きクレマチスは、今のように日枝とかシルホサとか品種名がつけられるようになる前に、ここにやってきました。例年クリスマスの頃には開花していたのが、長く暑かったせいか、今頃開花しました。ほかにいろいろ花が咲くこの季節でも、この花はお気に入りです。

 ムスカリ・ピンクサンライズをずっとサプライズと思い込んでいました。あー、恥ずかし。園芸店で一個売りしていて、名札がなかったために勘違いと思い込みが。新しい品種を勝手に作っちゃいけないですね。失礼しました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。色々珍しい植物を育ててらっしゃるのですね〜。ムスカリ・ピンクサンライズが咲いたのですか?このピンクは珍しく初めてです。毛ムクジャラなムスカリは育てましたが、このピンクはネットの球根植物でも載っていませんでした。>普通の球根10個分でした。家族には内緒です。
そんな〜、ブログは秘密なんでしょうか?
そして黒系・アプリコット系・ニゲルのダブル(ダブルファンタジー)・ピコティなどもお高いですよね。うちは先日、初めてダブルファンタジーが2輪咲いてくれました。シルホサも早くから育ててらっしゃったのですね。お花にかけられる情熱は凄いのですね〜。私も負けます〜。サプライズでなくサンライズでした?(先日のコメントで、ムラサキ科をムラサキソウ科と失礼しました。どんどん ボケ進行中です〜)
染色学もしっかりと学ばれたのですね。私は遊びだったようで、理論はちっとも覚えてません。でも白地にお花をスケッチして染色する事は楽しいでしたよ。未だに作品を大事に持ってます〜。
筍を猪が掘るのですか?一緒に牡丹鍋でも?
お蔭様で、サギ草の件は電話で連絡出来ましたよ。
一花
2007/04/09 00:12
 今年ついにクリスマスローズ・パーティドレスも入手したのですが、まだ葉が2〜3枚の若い苗で、セールなどを狙ったので開花株の5〜6分の1でした。今年咲いた株も、葉が傷んでいたり花が全部終わったもの、若いものばかりです。店の人と、いろいろ欲しいからこの方が楽しみもあっていい、なんて話しながら。アプリコットは黄色が強く出ていて、まさに夕焼け色できれいです。まだ、イエローブロッチやバレンタイン・グリーンはつぼみ、チベタヌスは発芽自体がこれから始まります。ピンク・サンライズは清水の舞台から飛び降りる気分で買ったんですよ。
 いずれにせよ、基本的に開花株は買わない、冬越しができる多年草、より原種に近いもの、が多いです。色や花の大きさも控えめで、気をつけていないと見落とすような花もあります。ガーデニングというよりは個々の草木の面白みを楽しんでいます。
 染織は、染め・織りをみっちり学びました。そこでも園芸の知識はとても役立ちました。
一花さんへ
2007/04/09 01:04

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Link 私のお薦めです

 
うつろう色 ちいさな植物園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる