ちいさな植物園

アクセスカウンタ

zoom RSS 近日 開花 3 

<<   作成日時 : 2007/04/26 09:26   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像

 私の原種好きのスタートの花。クレマチス アルピナ・ブルー。わが植物園のクレマチスの大半は、原種かベル咲きのような下を向いて咲くクレマチス。他にも、マイ・エンジェルや雪おこし、ホワイト・モス、アルピナ・ウィリーなど、新芽の最初からつぼみを抱いて伸びだすものが多く、寒かった冬をすごして春を心待ちにしていたものにとって、その姿ほど、嬉しいものはないと思う。「待っていましたよ。」と、思わず声をかけている。

画像

 同じく、モンタナ・ブルックフィールドクロウブ。赤みの差した葉も、美しい。クリスマスローズでも、クレマチスでも、夏越しにも気を遣うし、ここの寒さは、時に冬には強いはずの彼らをも枯らせてしまうことがある。

画像

 ビオラ・フレックス。白地に明るい紫の吹き掛けになっている。ここのスミレの中では貴重品で、このごろ交雑してできた白地に中心だけ紫のパンダのようなものがはびこり始め(タスマニア・ビオラでもない)、申しわけないけれども、他のスミレのために、それだけは抜いて処分している。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは〜。
このクレマチスは原種系で、ハンショウズルの仲間でしょうか?「クレマチス・アルビナ」は好きで、今迄「湘南のクレマチス」と言う鉢苗で求めて植えたのですが、まだ花も咲きません。今年春にまたちょっと大き目のものを買ったのですが、持って帰る途中、誰かさんに芽を折られ、また外でも半分枝が折られてしまいました。今年は花が無理です。素敵な花ですよね。モンタナ・ルーベンスをフェンスに絡ませていたのですが、2年ぐらい花がびっしり咲いて、ある年枯れてしまいました。これはどんな花色でしょうね?開花が楽しみですね〜。フユクレマチスは良かったですけど、ひめだかさんは、シルホサを育ててらっしゃいましたね。
そしてスミレのこのソバカス模様のものは、うちで凄く蔓延って、砂利の間からも出てくる元気坊主です〜。
女王さまの情報はまだ調べていませんが〜、何か分かったら教えて下さいネ。
参考書籍、凄いお勉強家さんなんですね。「柳宗民の雑草ノオト@A』はちょっと読んでいます。色々求めても何時も積読なんです〜〜。
一花
2007/04/27 00:19
 コメント遅くなり申しわけありません。今日はとても寒くて、これを済ませたら、こたつに直行です。
 クレマチスはまだ、咲く時期をうかがっているようです。もともと弱い根が、高温多湿にダメージを受けて、長年は持たないようです。シラユキゲシはサザンカの下を見てみたら、あちこちに葉が出ているので、シュウメイギク同様一角を占領しそうです。スミレは純白が一番多くて、先日もご近所のウォーキングのお二人連れに掘り上げて差し上げました。まだ、吹き掛けとタチツボスミレは少しです。
 柳宗民さんが亡くなったのは、さびしい出来事の一つです。植物への愛情がよく伝わってくる話をもっと聞いていたかったです。「参考図書」はそういった敬意と、ブログをつくる上の利便とで載せています。普段は保育社の検索シリーズと山と渓谷社の何冊かが傍らにあります。勉強というより図版を眺めているのが好きなのです。面白いと思うのは、埴沙萌(はに しゃぼう)さんの『植物記』(青少年向けの本ですが、写真が楽しい。)、とりあげている植物の好みが近いのが、横山美恵子さんの『ベランダの庭仕事』です。このブログにも、影響を受けているように思います。
一花さんへ
2007/04/28 17:10

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Link 私のお薦めです

 
近日 開花 3  ちいさな植物園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる