ちいさな植物園

アクセスカウンタ

zoom RSS 名脇役

<<   作成日時 : 2011/03/02 18:42   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


 自家製のオイルサーディン。
 簡単だったので、もっとイワシをたくさん買ってもよかったかもしれない、と思った。
 カタクチイワシ(セグロイワシ)が半額に値引きされていたので、「梅干し煮」か「山椒煮」にと思って、3パック購入。合計でも200円でおつり。頭とワタを取り除いたところで、別の食いしん坊が頭の中でささやいた。「オイルサーディン作って、パスタなんかもいいよね。」あっさり予定変更。
 塩を振ってしばらく置いたイワシを厚手の鍋に並べてオリーブオイルを注ぐ。あとは、ニンニク、ローレル、タカノツメ、粒こしょうなどを適当に散らし、あれば金属製の落としぶたなどをしてとろ火に掛け、30分から1時間。冷まして保存容器に移すだけ。
 他にも、白ワインやワインビネガー、スライスしたレモンとかぶる量の水、スパイス類でやはり火に掛け、煮上がったものを水気をよく切ってオイルに漬けるレシピもある。この方が、オイルが少なくてすむかもしれない。…というのは、上の方法で煮上がったときには、イワシから溶け出した油もあったが、かなりオリーブオイルの量が減っていたため。
 できあがったオイルサーディンは、いかにもワインに合いそう。つぶして、カリフラワーと炒めてみたが、これから出まわる春キャベツや新ジャガでもおいしそう。ベーコンで味だしするのと同様の使い方で。ほとんど味付け不要なぐらい、イワシがいい味を出していた。

 そうそう、さすがにイワシは山の中では獲れないけれども、ニンニク、ローレル、タカノツメは自家製で。いい脇役たちだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Link 私のお薦めです

 
名脇役 ちいさな植物園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる