ちいさな植物園

アクセスカウンタ

zoom RSS オオムラサキとの出会い

<<   作成日時 : 2009/07/01 13:11   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像
 
 初めての出会い。その大きさにもびっくり。最後には、この距離まで大接近。
 相手の大きさは、羽を広げると子どもの手のひらほどで大きく、触れられるかと思う距離まで近寄らせてくれたものの、なかなかその美しい羽の内側を見せてくれなかった。

画像

 渓流を背にした納戸の外側に、形はモンシロチョウなどと似ているが、とても大きな蝶を家の中から発見。しばらく見ていると、時折開くその羽の美しさに息をのんだ。オオムラサキのオス。さすが、国蝶。古い納戸にとまり、口先で板の隙間を盛んに探っている。
 5分から10分の間ではあったけれども、その美しさ、大きさに圧倒されたすばらしい出会いの時であった。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
翅がまだ破れていないきれいなオオムラサキですね。
妙なところに長い間とまっていたんですね。
クヌギの樹液に集まったりするので樹液の出ているクヌギがあれば待っていればきっとまた会えますよ(スズメバチもやってきますが)
ちなみに幼虫の食草はエノキです。
mizuwarabi
2009/07/03 19:20
こんにちは。
傷1つない、きれいな羽でした。何しろびっくりです。でも、嬉しかったです。
古い古い乾ききった木の板の間を熱心に口で探っていました。何をしていたのでしょう。カブトムシやクワガタも見掛けますから樹液の出る木はありますが、エノキのある場所はどこなのか不明です。確実にスズメバチはいるんですけどね。(大きな巣をあちこちに作っていますし、うちではやりませんが、この辺りはクロスズメバチを飼って食べる地域です)
mizuwarabiさんへ
2009/07/03 19:40

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Link 私のお薦めです

 
オオムラサキとの出会い ちいさな植物園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる