ちいさな植物園

アクセスカウンタ

zoom RSS カヤ刈り場(萱場)

<<   作成日時 : 2009/01/17 16:20   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像

 一見すると稲刈りの済んだ田んぼと違いがないように見えるが、このとんがり帽子は巨大で、2メートルを充分超えるススキでできている。近隣の地区だが、まだかやぶき屋根を部分的に残しているところもあって、乾燥の進むこの時季になると、田舎に出没する巨大モニュメントとも言える。

画像

 選ぶ写真を間違えると、何だかちっぽけなものにしか見えないところが不思議。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
「萱場」につい食付いてしまいました。15年ほど前、名古屋市千種区の職場へ勤務していたころ、近くに「萱場」と言う地名がありました。場所は中日ドラゴンズのナゴヤドームの南隣あたりです。昔は矢田川の河川敷でしたからきっとこんな風景があったのでしょう。萱の巨大モニュメントを見たのは初めてです。珍しいものを見せて貰いました。
東谷山のお猿さん
2009/01/20 14:49
こんにちは。コメントをありがとうございました。
そうですね。「萱場」は確かにかつて草刈り場であった場合が多いようです。山間地にいても、牛馬に食べさせたり敷いたりするために、わざわざ山の斜面をさら地に残しておいて、木を生やさずに草刈り専用にしていたそうで、そういう場が昔は大切だったのだとわかります。
白川郷などに行くと、カヤを大量に保管するために軒先に積み上げているのを見ることもあります。数年分ためておかないと、あの大きな屋根を葺き替えられないからです。それでも片面ずつしか、できないようですけれどね。
このカヤもどこへ行くのかを、追ってみたいと思っています。
東谷山お猿さんへ
2009/01/20 16:52

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Link 私のお薦めです

 
カヤ刈り場(萱場) ちいさな植物園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる