ちいさな植物園

アクセスカウンタ

zoom RSS シラタマホシクサのたねとり ’08

<<   作成日時 : 2008/10/27 21:07   >>

トラックバック 0 / コメント 4

画像


画像

 シラタマホシクサの種が、成熟する時期になった。茎がこのように干し草の色になり、花が自然にぽろりと採れてくるまでは、我慢すること。これを集めて蒔けば、採り蒔きでも3月下旬から4月始めの播種でも発芽してくれる。自分の場合はそろそろちゃんとサギソウと分けようと思うので、できるだけ今年は種をとって集めようと思う。それでもこぼれてしまう種からでも、ちゃんと発芽する。花殻がふわふわしていてかさばったりして邪魔に思うときは、平たい箱のふたなどの上で、そっと花殻を指先でつまんでもみ合わせれば種だけを分けることができるが、分けなくても発芽を阻害することは経験上今までなかった。
 栽培方法と種の入手に関しては、右のリンク欄の「猿渡農園」さんのHPにて。質問・問い合わせにも掲示板やメールで答えてもらうことができる。

画像

 集めたシラタマホシクサの種。一部花の形をとどめている。花粉なのか、粉っぽい。ふわふわしていて種が入っているのかわかりにくいが、もみほぐしているとスミレの種に似たつやつやした粒がこぼれてくる。 
 参考までに、我が家のクロホシクサの種採りはややまだ先、田んぼのホシクサはそろそろ採り時。 

画像

 田んぼのホシクサの現在。

画像

 そしてひこばえも開花直前の状態まで成長してしまっている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
白玉干草可愛いですね。種が採れるのが楽しみですね。
ありがとうございました。届きました。
kodama
2008/10/29 03:25
かわいいでしょう?育ててみませんか?
シラタマホシクサは、「星草」とあてるのです。名付けた人の気持ちそのままですよね。今は、「干し草」になっていますが…。
訳あってあわてて梱包したので、いい加減になってしまいましたが、届いて良かったです。第二弾は少し先になりますがお待ちくださいね。
kodamaさんへ
2008/10/29 10:44
こんにちわ。
種って、なんかこう、わくわくしますね。未来にむけての期待とかがつまっている感じ。あの小さな粒に、生命がつまっているんですものね。それを毎年毎年、種を取ってつないでいくって、つてきだなあと思います。
急に朝晩の冷え込みがしみるようになりました。お体ご自愛下さい。
ぶち
2008/10/29 12:31
こんにちは。「この小さな種からどうやって?」と思うことはしばしばです。店で手に入れるときのドキドキ感は、苗よりも種の方が上かもしれませんね。シラタマホシクサの種は結構根性があって、水たまりに落ちてもかなりの大きさまで成長しています。湿原ごと保護されている植物ですが、湿原そのものの保護が難しいのだと育てていて感じます。ここ3〜4日寒くなってきました。そろそろこたつも欲しい…お互いに身体には気をつけましょう。
ぶちさんへ
2008/10/29 19:47

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Link 私のお薦めです

 
シラタマホシクサのたねとり ’08 ちいさな植物園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる