ちいさな植物園

アクセスカウンタ

zoom RSS めだかの学校 〜 雨、止んでおくれ

<<   作成日時 : 2008/10/01 17:10   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 4日間、雨が降ったり止んだり。台風よりも前線の影響だと言うが、その間に岐阜と長野にまたがる乗鞍岳に初雪が降った。昨年より19日早いと言うから、やはり今年の秋は早足。

画像

 視力検査のようだが、10日ほど前に生まれた子メダカ。メダカの学校と言うより、まだ保育園。もう、ひめだかの色がちゃんと出ているが小さすぎて、先に生まれた兄弟に食べられてしまいそうで、いくつにも容器を分けている。日に当てて育てたのが良かったのか、親に当たるメダカたちが元気にどんどん産卵し、子どもも順調。ただ、こう雨が続くと、屋根もふたもないスイレン鉢と臨時のバケツが溢れてしまいそうになる。水と一緒に流れ出てしまうほど、のんきなメダカはあまりいないけれど、雨の後に飛び出す心配があり、ひどい降りの時はビニールシートを掛けている。
 しましまの入った浮き草は、アマゾンフロックピット。凍らせないように気をつければ、冬越ししてわんさか殖える。その殖え方を見ていると、そのうち、特定外来植物に指定されるかもしれない。

画像

 これはしっかり写っている。しかし、極小。(画像をダブルクリックすると、ちりめんじゃこ大に…。)

画像

 我が家のではなく、平野の方に出かけた折に撮影。一段の竹筒のハサに、稲束を二等分に分けながら掛けている。少ない量であれば、この形も手軽かもしれない。文明の利器の力を少し借りるとすれば、稲の刈り口(上を向いた部分)を、水を通さないビニールシートや昔なら油紙で覆っておけば、雨が降っても水が中まではしみこんでいかず、乾燥の効率が良くなる。
 ぼそぼそと降り続ける雨と、週間天気予報を見ていると、脱穀を一気に終わらせたいと思っている日が、雨の予報。「もう、困ったときの神頼み、しかない。でも、どの神様にお願いすればいいんだろう。」とは、家族の弁。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちわ。こちらは今日、朝からいい天気。やっとすっきりしました。雨が降って、ほこりも落ちて、秋の清々しい陽気になりましたね。でも、秋はきっと駆け足ですぎていってしまうんでしょうね。最近、過ごしやすい季節がどんどん短くなっているような気がします。
今日は息子の15回目の誕生日。お寿司が食べたいと楽しみにしているので(もちろん回転寿司の味しかおしえておりませんが)夜は、家族でお寿司です。
いいお天気が続いて、脱穀が無事終わりますように。
ぶち
2008/10/02 12:34
こんにちは。今日は快適ですね。ここ2〜3年、「Tシャツからいきなりセーター」という、ある日突然夏から冬にスイッチが切り替わるような激変ぶりだったので、この快適さがとてもありがたいです。この時季が長く続けばいいのに、と言うのは無理ですが。次男くん、15になったのですね。嬉しいような、淋しいような、って、他人の私の言うことではないか…。でも、お互い(親子)がんばってここまで来ましたね。独り立ちをしてもらわないと、いくらかわいくても困るよね。いい進路が見いだせるようにと、祈っています。(密かに、かつての職場だったところを推薦したいと思っている私であります)
ぶちさんへ
2008/10/02 15:19

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Link 私のお薦めです

 
めだかの学校 〜 雨、止んでおくれ ちいさな植物園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる