ちいさな植物園

アクセスカウンタ

zoom RSS 八朔

<<   作成日時 : 2008/08/01 18:54   >>

トラックバック 0 / コメント 4

画像

 7月中に咲くのでは…?、と思われていたが、やはり8月を待って最初の一輪が開花した。少し小さめだけれども、しっかりと翼を広げて羽ばたく姿を見せてくれている。明日以降、つぎつぎ咲きそうな予感。
 八朔(はっさく)は旧暦の8月1日のことを指すが、今では新暦に行事をする地方もあるそうだ。わせのイネの実る頃に当たるの、実りに感謝する行事からきていることと、柑橘類のはっさくもその頃に食べられるようになることからの命名だといわれている。わが植物園のサギソウも、きりの良いときに咲いてくれたものだと思う。今日も1日暑かった。1週間もすれば立秋だというのに…。

画像

                    開花前日の姿。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
シラサギの初飛びおめでとう。最北端さん家はお猿さん家より2週間ほどずれて夏がやって来るようですね。そのかわり秋がやって来るのは2週間早いかも。
最近、パソコンの字が見にくくて困ります。
東谷山のお猿さん
2008/08/02 11:06
サギソウ、飛びましたね!
いつ見せていただいても、ほんとに美しい姿ですね。涼やかに、空に羽ばたいていく感じがします。
八朔の由来興味深く読ませていただきました。
まだまだ、暑い日が続きそう。心を養って乗り切りたいですね。
ぶち
2008/08/02 12:20
暑中お見舞い申し上げます。
いつもご覧いただきありがとうございます。ようやくサギソウが飛び立ちました。午前中までにさらに3羽がはばたいています。お猿さんのところのサギさんもが数えきれなくなったようですね。ここでは、今年はまだ全部数えられそうです。確かに10日から2週間ほど、夏の進み方はゆっくりです。夜はもう秋の気配です。
思い起こせば、4年前にシラタマホシクサを分けていただいた中に紛れ込んでいた未開花の球根からのスタートでした。毎年楽しみをいただいています。
ご近所さんからコツを聞かれても、「水切れをさせないこと以外ほとんど何もない」と言うと、不思議そうな顔をされます。毎日眺めていることは、秘密にしてますけれどね。
文字サイズは、上のツールバーの「表示」で大きくすることができます。
東谷山のお猿さんへ
2008/08/02 14:19
「お暑うございます。」
こんな挨拶もあまり聞かれなくなりましたね。サギの姿が、一服の清涼剤になれば…と思っています。
幸いこちらでは、夜が涼しいのでよく眠ることができています。4時半にはヒグラシ・アブラゼミが鳴き始め、昼間はそちらと変わりのない暑さですが、身体が休まるのだと思います。でも汗を流しながら、引き受けている仕事をこなしています。昨年までは秋冬の仕事だったのですが…。とりあえず目前の盆休みを目標にがんばりましょう。
ぶちさんへ
2008/08/02 14:25

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Link 私のお薦めです

 
八朔 ちいさな植物園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる