ちいさな植物園

アクセスカウンタ

zoom RSS あんな色 こんな形 5

<<   作成日時 : 2008/06/14 00:43   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像

 カッコンセンノウ。センノウたちはナデシコの仲間だが、余り似ていないものも多い中、このカッコンセンノウは、ナデシコに近いことがよくわかる花。ぜひ、拡大してご覧いただきたい。(画像上で左クリック)実は自分も、カメラに収めて初めて気がついたが…。

画像

 ムシャリンドウ。「武者」と字が当てられたりするが、滋賀県の地名「武佐」から来ていると云われる。リンドウの仲間ではなくシソ科。

画像

 ルリタマシャジン。シャジンの仲間もさまざまな形の花が咲いて、一見して同じ「シャジン」と呼ぶのに違和感すら感じるものまである。名や分類はどうあれ、梅雨時に清涼感をくれる花。

画像


画像

 開花時季が遅めのクレマチス、ルージュ・カージナル。隣りに咲くアフロディテと2つが、微妙なニュアンスの濃紫で梅雨晴れの光に映えている。

画像

 濃紫といえば、ダイアンサスでこんな色もある(ブラックベア)。黒花を追求している愛好家も多いようだが、完全な黒とはいかないようで…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちわ
あいかわらず、花や色がいっぱいの植物園でうらやましいです。うちの庭は、ジャングル地獄からはちょっと抜け出しましたが、あいかわらず充分な手入れができていないので、花たちがかわいそうな状態です。
そうそう、バラの花、アドバイス通りに虫に喰われたはっぱや枝を刈り込んだのですが、それでもさらにやられてしまいました。薬をまかないとだめかなあ。
とはおもいつつ、たまの休みは何となくだらだらしてしまうのでありました。
ぶち
2008/06/18 12:30
こんにちは。ご訪問ありがとうございます。
なかなか、こちらも全景をお披露目できるようなものではありませんよ。病気は少ないものの、虫にはかないません。特にここでは、バッタ(たぶんイナゴ)の食欲には閉口です。有毒といわれるアジサイでもぼりぼりむしゃむしゃで、とてもここにお見せできないものも結構あります。
 薬も使い方次第ですよ。バラは食用ではないので、園芸店などで納得できるものを選んで使ってみてはいかがでしょう。あと、土や肥料など、土台から丈夫なバラ作りをして、剪定などの世話も不可欠です。グリーンアイスもやられましたか?
一度にたくさんのことをやるのも大変なので、少しずつ毎日、ですね。仕事を持っていると、大変だとは思いますが。家族の好きなものを植えて、お任せしつつ巻き込んでいくのも、1つの手だと思いますよ。実のなるものとかを。「眼」と「手」が増えるのは、効果大ですよ。
ぶちさんへ
2008/06/18 20:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Link 私のお薦めです

 
あんな色 こんな形 5 ちいさな植物園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる