ちいさな植物園

アクセスカウンタ

zoom RSS 和の名をもらったクレマチスたち

<<   作成日時 : 2008/05/22 00:46   >>

トラックバック 0 / コメント 4

画像

 「土岐の風車」。土岐は岐阜県にある市の名前で、原種クレマチスの1つ。夏の気配を帯びた、すこし強い日差しにぱっと咲いて、さわやか。にもかかわらず、つぼみの時はなぜか産毛に覆われた、寒がり屋のような姿。

画像


画像


画像

 「ユキオコシ」。名前の割にのんびりと開花。ここでは、半月前にアルピナ系の花が咲き終わっている。まぁ、植物園主に似て、スロースターターということでいいか…。

画像

 「月宮殿」。空高くのぼって明るく輝く満月のイメージ。開花前には、もっと黄色みがあると思っていたものの、そうではなかった。「土岐の風車」と並べてみると、しべの色の違いだけで雰囲気ががらりと変わるのがわかる。 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
白さが際立つ「土岐の風車」ですね。クレマチスの原種のひとつですか・・・単純さが、より美しさを引き出しているように思います。
「月宮殿」には優しさを感じます。ほんの少しの色の違いで、受ける印象が随分と変わるものですね。
どのクレマチスにも、引き込まれるような不思議な魅力を感じます。
庭花
2008/05/22 05:35
こんにちは。…というか、早朝からありがとうございます。ぼちぼち、ですよ。ゆったり行きましょう。
たぶんここで咲く花たちの中では、これらは最大級の大きさだと思います。もっと華やかで色のきれいな品種もたくさん出ていますが、ここにはシンプルなものが合っています。
明るくはっきりとした初夏の日差しに応えているようで、見ていてもすがすがしさがあります。ちゃんと毎年決まった時季にこうしてまた姿を見せてくれる花たち、生きものたちは、毎日を生きていく支えになってくれていますよね。
庭花さんへ
2008/05/23 00:17
クレマチス。いいですね。シンプルな白にそれぞれ表情がありますね。
うちは、昨年買って植えた苗が大きくならず、結局花は咲きませんでした。肥料が足りないのか、鉢が小さすぎたのか。充分手入れができないので、植物にも悲しい思いをさせてしまいます。反省。それから、もうちょっと園芸について勉強しないとだめだなあとも思います。どちらにしても、時間がほしいな。(自分が怠けているだけなんですけどね)
ぶち
2008/05/23 12:29
こんにちは。いつもありがとうございます。クリスマスローズから始まって、好きな花がなぜかキンポウゲ科に集中しています。ただ、いろいろ咲いている花たちですが、どれもが100%開花しているのではありませんよ。開花してものを見ていただいているだけで、「今年は咲かないなぁ。」ということもしばしばです。(汗)
クレマチスは、種類によってはツルにならないものもあるし、花がこれからのものや四季咲きのものもあります。ただ、根を傷めないように、というのが鉄則のようで、地植えが安全かもしれません。いくつか、グループ分けがされていて、各々手入れの仕方が全く違って来ます。(近頃はラベルにも説明が載っているものが多いです)そんなに堅く考えずに、時間をかけて待ってみるのも園芸の極意(?)の1つですよ。 
ぶちさんへ
2008/05/24 07:38

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Link 私のお薦めです

 
和の名をもらったクレマチスたち ちいさな植物園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる