ちいさな植物園

アクセスカウンタ

zoom RSS やっぱり太陽が好き

<<   作成日時 : 2008/04/19 23:48   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 久しぶりの月光が、明るく外を照らしている。明日は満月。しばらく見ないうちに、月の光まで、強く明るくなっているとは。
 オタマジャクシも早いものは孵って、水を入れていない田んぼの、水たまりを泳ぎ始めた。水を入れる前に撒く肥料のあと、水を川から引き代掻きをする。
 直売所には品物が豊富になって、山菜がたくさん並ぶようになった。ワラビ、こごみ、タラの芽、ウド、畑ワサビ、タケノコもぼつぼつ出始めた。いよいよ春も、本番。そして、雨に後押しされて、次々に伸び出した新芽たちもきれいだけれど、この花などは日の光が差し込まないと、こんなに見事には開花しない。

画像

 ヘリクリサム シルバーキャンドル。今の時期ならローダンセや、夏秋の帝王貝細工、最近よく出回っている花かんざしなど、薄紙の細工物のような、触れるとカサカサしているタイプの花だ。この花は、乾燥していないとこれだけめいっぱいには開かず、先のとがったつぼみが、ほんのり赤く色づいた様子から「キャンドル」の名がついているようだ。この花の気持ちを代弁すれば、「やっぱり太陽の光が一番好き」ということになるだろう。

画像


画像


画像

 これらは、原種のチューリップ。小ぶりで茎が細く、ひょろひょろと伸びて倒れるなど、いかに今ある園芸種が手を掛けて改良されたものであるかがよくわかる。ヨーロッパの人々が、黄金と引き替えに取引し、争ったというのもうなずける気がする。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
そういえば、今年はまだタケノコを食べていません。もちろん山菜も。毎日のくらしに追われるばかりで、旬のおいしさを食卓に取り入れる意識をすることすら忘れている感じです。
うちも原種のチューリップさきました。一昨年植えたものが、なぜか今年もまた。ちょっと嬉しかったです。
お日様をいっぱい反射した花の写真がとてもきれいですね。
ぶち
2008/04/22 15:10
こんにちは。暖かくなったので、調子もよくなっているのかと、察しています。 
花の咲き方も色形も、ほんとうに千差万別です。ここには確かにたくさんの花たちがありますが、それなりに置き場所や位置関係は考えているつもりです。(見ている人には、そうは感じられないかも…)一番下のチューリップは、枝分かれして3つ咲いているのです。そばに1本だけ普通のチューリップが咲いているのですが、違和感があるぐらい頑丈な茎と葉で違いと共通点とが両方わかって面白いものです。
山菜の苦み成分は、実際に春を迎えるのにいい効果があるそうですよ。難しく構えずに取り入れられるといいですね。
ぶちさんへ
2008/04/22 19:25

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Link 私のお薦めです

 
やっぱり太陽が好き ちいさな植物園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる