ちいさな植物園

アクセスカウンタ

zoom RSS すこし早すぎた目覚め

<<   作成日時 : 2008/03/15 00:37   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像

 14日、一日中結構よく雨が降った。「啓蟄」を前後してチョウが舞う姿も見かけられるようになったが、夜、思いがけないものに出会った。暗くなった道を歩いていると、見慣れたものが地面に…。小さなヒキガエルが身構えたままじっとしている。暖かい雨と昼間の気温に目を覚ましたのはいいけれど、夜の寒さに身動きがとれなくなってしまったようだった。気の毒だったので田に移してやったが、どうにも動けないらしく、されるがままになっていた。
 これは、クロネコヤナギ。カメラを構えたら、やはり目覚めたらしい毛虫にとりつかれていた。

画像

          クレマチス ユキオコシ

画像

           黄実ウグイスカグラ
 
画像

          プリムラ ブルガリス

 すこしずつ植物たちが目覚めてきている。日差しの暖かさ、恵みの雨、そういったものが1日1日芽吹きを助けている。

画像

 これは、冬を締めくくる食材、ホウレンソウ。ちぢみホウレンソウとも、雪見菜とも名付けられて直売で売られている。いかにも寒をくぐり抜けてきた、という姿の葉の厚いものだ。味が濃厚。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ひと雨ごとに、春の風が吹いて、植物たちがどんどん元気になっていきますね。花粉がとぶのは困りものだけど、やっぱり春はいいです。でも、今日などは最高気温の予想が19度だったり、なんだか春を通り越しちゃいそうです。ねぼけたかえるがたくさん出てきそうですね。
ちじみほうれん草は、宅配している野菜ボックスに入ってきました。冬の間にうまみをぎゅっと濃縮したような、濃い味のほうれん草ですね。
ぶち
2008/03/15 12:31
こんにちは。
昨日は外出ついでに園芸店に寄って、またたくさん仕入れてしまいました。今回今までになかった方向性として、「山菜類の苗」も加わりました。庭として手が加わっていると、案外身近に山菜が無いこともあるし、元から住んでいる者にとっては雑草の一つに過ぎないものが特に最近になって重用され初めて価値を知る、みたいな面もありますから。それに、実際にこのあたりで収穫(半分以上は手入れして栽培に近くなっている)されていて気候に合ったものなら、気遣いも少なくて済むからです。手始めに「タラ」ではなくて「コシアブラ」など3種ほど地植えにしてみます。収穫できるのは、果たして何年先になりますやら。
ぶちさんへ
2008/03/16 09:46

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Link 私のお薦めです

 
すこし早すぎた目覚め ちいさな植物園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる