ちいさな植物園

アクセスカウンタ

zoom RSS 春を告げる花たち 3

<<   作成日時 : 2008/03/04 19:32   >>

トラックバック 0 / コメント 4

画像

 2か月かかって、ようやく花開いたと言えるに至ったマンサク。なかなか気温が上がらず、花弁を伸ばしきれずにいたが、さすがに3月になって明るいレモンイエローの花が形になった。

画像

 よく見ると、面白い造形をしている。自然状態では、川に沿った日なたの傾斜地に時々見られるが、このマンサクはそれとは違う、園芸種のもの。花がたくさんついていて、自生種のような風情はない。

画像

 今年の赤花マンサクは、まだこの程度。

画像


画像

 この時期の人気者は、クリスマスローズ。残念ながら、まだここでは寒すぎてつぼみが堅い。これらは、今年店で開花株を入手した。なかなか高価なものが多い中、目を皿のようにして、掘り出し物を発見。丸い花に覆輪(ピコティー)と、バイカラー(二色咲き)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
マンサクは個性的な花ですよね。花らしくない形をしています。初めて見た時は、その不思議な形に目が釘付けになりました。とてもユーモラスです。赤よりも黄色のほうが軽い感じがして春らしいです。
クリスマスローズは人気者ですね。どこのご家庭でも、よく見かけます。うつむき加減に咲くところが、なんとも可愛らしいです。
庭花
2008/03/05 02:28
マンサクの花、初めて見ました。ほんとうに面白い形をしていますね。自生種の風情ある姿も見てみたい気がします。
クリスマスローズって、種類増えましたよね。そして、高い!でも、いろんな種類のものを見るとついついほしくなってしまいます。うちはずいぶん前に買ったものを、地植えにして、そのまま植えっぱなしにしています。それでも、毎年たくさん花を咲かせてくれるのでかわいいです。
ぶち
2008/03/05 12:17
こんにちは。
遅い時間に来てくださって、ありがとうございます。
マンサクの軽やかさは、風が冬から春にうつっていくのに似つかわしい気がしますね。早春の花はどんな色よりまずは黄色でしょう。北陸の冬の風は、太平洋側とはずいぶん違うのでしょうね。
クリスマスローズは、そんなに難しくなく育って冬越ししてくれるので、花の美しさとあいまって人気なのでしょう。ただ、いくら寒さに強くても、出回っているもののうち3分の1ぐらいは、ここでは防寒なしでは冬を越せません。クリスマスローズにも色々性格があって、暖かいところで生まれた品種もあるのです。
庭花さんへ
2008/03/05 15:48
こんにちは。いつまでも寒いですね。
近頃は、マンサクの園芸種もたくさん出回っているので、コブシとかロウバイなど早春を運んできてくれる嬉しい花、一本植えてみてもいいのではありませんか?
クリスマスローズの種類は相当増えて、「あっ、いいな。」と思うものはたいてい高価で「見るだけ」で終わります。どうしても欲しくなった時には、小さな苗や花の終わった処分品、2〜3年後に希少価値分が安くなるのを待つことにしていますが、今回は掘り出し物を普通の値段で買えました。普段からいろいろ見ておくと、自分の好みや新品種がわかってくるので、「目の毒」と思わずにいる方がいいようです。なんて、つい買ってしまうことの言い訳ですけれど…。鉢より地植えがいいですよ!!
ぶちさんへ
2008/03/05 16:01

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Link 私のお薦めです

 
春を告げる花たち 3 ちいさな植物園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる