ちいさな植物園

アクセスカウンタ

zoom RSS 夕食に一品

<<   作成日時 : 2008/03/26 23:30   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

 倒れた枯れ草の間からのぞくのは、ヤブカンゾウの新芽。若緑が眼に鮮やかな山菜で、芽吹いてすぐのこれぐらいまでに摘み取って、さっと湯にくぐらせるとおいしい。今日も近くに水仙があったが、他の植物と間違えて中毒を起こす事故が先日もあったので、採ったことや食べたことのない人は必ず確認してから食べて欲しい。ちなみに水仙は有毒。ほかの山菜とは違う食べやすさでおすすめなのに、他の山菜のように話題にされないのは、その個性の薄さのためだろうか。

画像

 ちよっと目をやった先にVの字にいくつも出ていたので、「これは今晩いただくことにしましょう」と、次々と根本から摘み取った。すこし手を差し込んで太くなっている根本から摘むと、いかにも柔らかくておいしそうな部分が…。茎などはなくそのままバラバラになるので、枯れ草などを取り除いて洗い、ゆでるというより沸騰湯に通す程度。よく水気を切ったら、あとは好みの味付けに。アクやクセが全然ないので軽い味付けがよく、少量のマヨネーズや辛子酢味噌などが合う。たくさんない時は、洗った生のまま味噌汁などに入れて味わう。歯切れがよく、しゃきしゃき、ではなくて、きゅっきゅっといった歯応えがあり、ほのかに甘い。
 夏にはユリに似たミカン色の花を付け、これも食用で、つぼみを干したものが中国の食材「金針菜」で、薬効もあるそうだ。

画像

 これは、苗を入手して植えてみる予定のコゴミ。クサソテツと呼ばれて、ゼンマイに似た形をしている。ゼンマイは採ってから加工しないと食べられないが、コゴミは火を通せば食べられるので手軽。これもアクがないぶん、味は軽め。苗が売っているぐらいで、近頃は地元で盛んに栽培されていて、そのうち直売所に並ぶことだろう。これは、しばらく食べる予定はない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Link 私のお薦めです

 
夕食に一品 ちいさな植物園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる