ちいさな植物園

アクセスカウンタ

zoom RSS 群れ咲く 野の美しさ

<<   作成日時 : 2007/10/27 01:24   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 思いがけない場所に、期待してもみなかったものを見つけて、嬉しくなるときがあります。山の中に住んでいると、どこへ行くにも車での移動になってしまいがちですが、そんなときでさえ、目を皿のようにして何かないかときょろきょろしてしまいます。
 視線より少し高い位置に、鮮やかな黄色のひと群れが輝いて見えました。こんもりとした株で2センチ弱の花がたくさん咲いていて、崖のワンポイントになっていました。

画像

                      ヤクシソウ

画像

 山影から日なたの斜面に出たらなんとなくアクセルを緩めたくなり、ふと見ると明るい紫の花が一面に咲いていました。アキチョウジという野草です。花の形が「丁字」、スパイスとして知られるクローブの形そっくりです。3〜4日して再び通りかかったら、すでに草刈りがされてアキチョウジの花畑はすっかり消えていました。

 花の話題とは違いますが、寒さを前にして降りしきる雨の中、きれいな赤いサワガニがたくさん見られました。雨にしっとり濡れると、ガーネットのように暗紅色が輝いて動く宝石のようです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
山野草の図鑑を見てみると、「アキチョウジ」について、面白い事が書かれてありました。
「岐阜県以西の山地に自生する」というのです。丁度、ひめだかさんの住む辺りが境界線のようですね。
でも、何で岐阜県以西なのでしょう?謎です(笑)。
庭花
2007/10/30 12:30
こんにちは。いよいよ、渡り鳥の本格的なシーズンですね。こちらでも、鳥の声が色々聞こえてきますが、姿をとらえるのはなかなか……。
そうなんです。ここの地は4つの県境が頭をつきあわせているので、本当に県境の向こうには無いのか、確かめたくなります。確かに東海地方は、特殊な植物が色々あって、この後冬を越すと、シデコブシなどの自生もこちらの人にとっては普通でも、本当は特別のものなのですね。少し奥まったところへ行けば、高山性の植物にも出会えるし、外来植物に入り込まれていない場所もたくさんあるはずです。まぁ、車がどこへでも入るので、簡単にいろいろな植物が広まっていきますが……。
確かに、なぜ長野ではなくて岐阜なのでしょう?似ている部分もたくさんあるのですけれどね。ただ、2つを比べると、岐阜は微妙に関西寄りで長野は微妙に関東寄りのように感じます。あと、石川と富山は全然違いますね。(関係ないか!?)
庭花さんへ
2007/10/30 21:13

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Link 私のお薦めです

 
群れ咲く 野の美しさ ちいさな植物園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる