ちいさな植物園

アクセスカウンタ

zoom RSS チョウが知らせてくれた花

<<   作成日時 : 2007/09/23 21:19   >>

トラックバック 0 / コメント 6

 いつものように、庭を一回りしていると、白っぽいアゲハほどの大きさのチョウが、視界を横切っていった。そっと後を追っていったが、なかなか姿が見つからず……。やっと見つけたチョウは、木の葉のような姿で、葉の上で休んでいた。

画像

 今までも、こんな形の枯れ葉のようなチョウを逃していた。今度こそ、写真におさめようとカメラを向けると、2枚シャッターを押せたきりでさっと身を翻して、チョウはすばやく川の方へと飛び去っていった。クロコノマチョウといって、ススキやジュズダマに幼虫がつくそうだ。すぐそばには、元々生えている普通のススキ以外に、鉢に植えたタカノハススキもあって、今ちょうどきれいな葉の模様を見せている。

画像

 ちゃんと鷹の羽根の「矢羽根模様」をしていて、それを見立てた先人にも、もとは荒れ地に繁るススキにも、感心させられてしまった。
 その、視線の先には、つまりチョウがとまったあたりには、それまでになかった花がすっと立っていた。正直なところ、夏の間に雑草が一杯になって、近寄りがたくなっていた空間に……。

画像
 
 ツリフネソウ。今までも毎年咲いていたけれども、他の勢いのある草に押されて、今までそこにあるのにも気がつかず、探しても見つからないと諦めていた花だ。
 花の大きさの割には、細い花茎で吊り下がっている。花のしっぽのような部分、「距(きょ)」がくるりとまわっていて名前そのままの形が、多くの人に愛されている。黄花ならば数が少ないせいか、さらに好まれているようだが、こんな形で再会できると希少性なんてどうでもよくなってしまう。

画像

 もう一つ、今日になって咲いた花。赤花のチャノキ。白は見慣れているが、この木はとても小さいので、茶摘みなどしようものなら葉がなくなってしまう。例年サザンカが10月には咲くのだが、それよりもずっと早くのお目見えであった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ツリフネ草やチャノキ、すすきまで、すっかり秋の彩りですね。タカノハススキの矢羽根模様はきれいですね。はじめて見ました。私のお花の師匠が見たら、とても喜びそうです。
すっきりと気持ちのよい秋が来てくれると嬉しいのですが、今日はなんだか蒸し暑いです
ぶち
2007/09/24 17:48
天気予報では、あと少し待てば、天気図上でも秋を迎えられそうですね。こちらも、朝晩は涼しくなりましたが、昼間は容赦なく滝のような汗を流しながら、稲刈り機を押しました。ちよっとハードな作業です。
わが植物園の花や生きものたちが、秋の涼しさを届けられているでしょうか。
ぶちさんへ
2007/09/24 22:28
こんばんは
うちにも斑入りのススキがあります。ヤハズススキという名前で売られていました。呼び名が違うだけだと思うのですが。
このススキはナンバンギセルの為に育てています。今年はナンバンギセルの花がたくさん咲いています。
mizuwarabi
2007/09/24 22:38
こんばんは。コメントありがとうございます。
タカノハもヤハズも、ほぼ同じ意味ですね。(材料と製品、かな?)それにナンバンギセルとは、風流な…。ナンバンギセルはススキなどに寄生しているようですね。一度だけ、岐阜県で自生の状態で見ました。ミョウガについていた記憶があります。今だって、探せば見つかるかもしれないですね。ただ、あのススキをかき分けていく勢いがないだけです。ナンバンギセルも気象条件に左右されるのでしょうか。
…と、言うことは、着生ランとかのためにも何か育てているのですか?いつも、こちらから質問ばかりでスミマセン。
mizuwarabiさんへ
2007/09/25 02:09
たびたび mizuwarabiです。
そんなに特殊なものをいろいろと育ててはいませんよ。何かジャングルのような家を想像されていませんか?(夢ではありますが)。
着生ランはフウラン、セッコクとその園芸品種やデンドロなどです。全て鉢植えです。温室が無いので華やかな大きな花が咲くものはありません。
育てるのが難しい植物のように思われますが(中には本当に気難しいのもあるようですが)うちのは自然淘汰?で強健種のみです。コツらしきものは着生ランの植木鉢をたくさんまとめて環境を整える…ぐらいでしょうか。一鉢だと枯れるかも知れませんがたくさんで育てると枯れにくくなります。一生懸命集めている訳でもなくホームセンターで花が終わったものが安くで売られているのを見つけた時に買って帰る程度です(ただし冬に加温が必要な品種は除く)
長文ですみませんでした。
mizuwarabi
URL
2007/09/25 12:54
おはようございます。返答をありがとうございます。んーーー、いったん入れて、消した部分を読まれてしまったようなコメントをいただいてしまいました。ちょっと水槽の様子から想像をたくましくしていました。「水陸両用なのかな?」と。
たくさんだと枯れにくい、というのは面白いことですがどんなものでも結局そうなのかもしれませんね。私の花木全般の集め方・扱い方についても、同じようなスタンスなので納得しています。ただ欲しいものを並べて「咲かない」「枯れた」というよりは、逆に季節や植物の変化を楽しめると考えています。(夏暑くて冬寒いと余計にそうです。)
mizuwarabiさんへ
2007/09/26 06:22

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Link 私のお薦めです

 
チョウが知らせてくれた花 ちいさな植物園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる