ちいさな植物園

アクセスカウンタ

zoom RSS サギソウ take off !!

<<   作成日時 : 2007/08/07 23:46   >>

トラックバック 0 / コメント 4

画像

 待ちに待ったサギソウが、ようやく開花しました。たくさんの球根がありましたが、まだ開花するまでに成熟していないものもあるので、花いっぱいの光景にはなりません。でも、最初の4〜5球からちゃくちゃくと殖えて、今年初めに植え付けたのが、約40球でした。

画像

 今日も一日暑かったのですが、ここ3〜4日のうちのじめじめした暑さではなくなって、過ごしやすくなってきました。体も慣れてきたのでしょう。そんな中、昼間なかなか開花しなかったので、「明日になるのかもしれない。」と考えていたところ、水やりをしようと外に出た16時20分、開花の気配がありました。

画像

 17時、日がかげり始めたところで、いよいよつばさが広がり始めました。まだ隅々まで広がってはいませんが、初めの写真が17時45分頃です。
 今年は4つの水槽に分けて植え込んであるのですが、2つの生育は早く、あと2つは、まだあまり花芽があがってきていません。とは言っても、球根に大小があるので、このまま今年は咲かずに終わるものも、結構あると思います。全体的に球根は、小さめです。しかし、生育には影響はないように思います。ただ、シラタマホシクサが同居して、混み合ってしまった水槽は、途中で整理したものの、つぼみが少なく原因が何なのか、シーズン終わりまで観察してみなければなりません。
 寒い地方の方へ。サギソウは、全面的に凍結しても(水槽の水を入れたままにして、底まですべてが凍る、ということ。)、大丈夫です。東北以北では、保証できませんが、甲信越・北陸までの寒い地域なら、日本のサギソウであれば充分に冬越しをしていくと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
咲きましたね、おめでとう。
芋が小さめだった原因を調べて原因が分かったら教えて下さい。

東谷山のお猿さん
2007/08/08 12:30
 ご覧いただきありがとうございます。宿題が出ましたね。水槽ごとに開花がばらついたことと、芋の小さかった原因、考えてみます。それぞれ条件が微妙に違うので、植え替えの時に、もっと違いがわかるかもしれません。
東谷山のお猿さんへ
2007/08/08 13:10
こんにちは。初開花おめでとうございます〜。こんな状態で開花するのですね。日当たりのイメージで育てていましたが、時期と場所によるのですね。うちは都会の真夏と梅雨時の真夏日に熱中症になったようです。うちの場合、球根は駄目になった訳ではないのでしょうか?成長が止まってますが、これ以上育たず枯れてしまうのでしょうか〜〜。まだ花芽を期待して毎日管理しています〜。でも今年駄目なら、またこの失敗を来年に生かして何時か飛翔をと思ってます。
本による育て方は、日当たりとかしか書いてないので、実際の時の温度によって植物育てが違ってくるのですよね。
イネも育ててらして、ガーデニング、そしてブログ、趣味など毎日お忙しいことですね^。
ボタンヅルの様子、自然の中では白く目だってますね。
一花
2007/08/08 15:06
 残暑お見舞い申し上げます。暑い昼下がり、PCに向かっていらっしゃったのですね。コメントありがとうございます。今日こちらはずいぶん過ごしやすいです。  朝、5時半にみたら、サギソウが2輪になっていてびっくりしました。いつの間に……。次々つぼみがほどけてきています。 台風の過ぎた日に、師匠を訪ねてシラタマホシクサの苗を譲り受けました。その時「日当たりが良くて、風通しのいいところに必ずおいてください。」と言われたのでした。なかなか難しいと思いつつ1年中玄関前に置いて毎日をともにし、芽吹いたり、水が凍ったり、と一喜一憂です。他の植物たちには申し訳ないぐらいにです。風通しは重要でしょう。熱がこもるからです。もとの環境はごくゆるやかに水が流れていて、それで熱がこもらないのでしょう。小学生の頃、世田谷区の等々力渓谷かその近くに、サギソウで有名な所があった気がしますが、どうなったでしょうね。 藍染めのお話、また機会があったらお伝えしますね。それぞれの土地にあるさまざまな植物の葉に、青い色素・インディゴが含まれているのです。伝統的には、花弁の色素での染色は皆無といってもいいほどです。
一花さんへ
2007/08/08 16:48

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Link 私のお薦めです

 
サギソウ take off !! ちいさな植物園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる