ちいさな植物園

アクセスカウンタ

zoom RSS 歩く姿は…

<<   作成日時 : 2007/08/28 18:06   >>

トラックバック 0 / コメント 6

画像


 タカサゴユリです。よく、高速道路の法面などに生えているのもこれではないかと思います。紙のように薄いタネが大量にできて、とてもよく殖えるので、ちょっとやっかいです。植木鉢なども占領されてしまうので、歓迎できないのです。ポツリポリと咲いていれば、それなりに美しい花です。それに比べれば、ササユリが一番少なく、ヤマユリは近くに住む人が、それぞれ大切に守っています。 

 その後のシラタマホシクサの様子を、開花してきたのでご覧に入れます。

画像


画像


画像

 
             今期最後の、サギソウの双子花です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
シラタマホシクサの花 写真で見ていると大きい花のように見えてきました。
ところでうちのもやっと少し膨らんできました。嬉しかったので三脚を持ち出して蚊にかまれながら写真を撮りました。小さすぎてはっきりと写っていませんが私のブログの「サギソウ失敗記事」の最後に載せてあります。
mizuwarabi
URL
2007/08/28 19:35
シラタマホシクサ。まるでレースのようですね。清楚な姿が美しいです。シラタマホシクサは、高原の湿地でもみられますか?以前、栂池高原に行った時に、そこでも咲いているところが見えると解説されていたような気がするのですが...。
我が家の庭は、ハーブのみが元気です。花屋さんを横目でみながら、新しい花を買ってもなかなか手入れする余裕がない毎日に、花が可愛そうで買えません。
ぶち
2007/08/28 21:26
 こんばんは。コメントありがとうございます。mizuwarabiさんのブログで、記事を拝見しましたよ。ちょうどこれからコメントを入れようとしていたところでした。嬉々として撮っていらっしゃる姿が、日頃の理工系ブログの様子からでも想像できます。
 うちのシラタマホシクサは、巨大なんですよ、なんてことはなく、自生地で見たものとそれほど違いはありません。ただ、自然状態でないぶん、こぎれいに整っていますけれどね。時期的には、遅くはないと思いますよ。10月まで見られるはずです。
 PHテスト考察記、まだ続きがありそうですね。このあと、のぞきに行きます。
mizuwarabiさんへ
2007/08/28 23:41
こんばんは、ありがとうございます。暑さは一段落、というところでしょうか。そちらも、少しずつ落ち着いてくれるといいですね。
 おたずねの件、細かいことまでは断言しにくいですが、一般的には伊勢湾を囲む静岡・愛知・三重に自生すると言われています。他のホシクサの仲間は田んぼにあったりと色々ですが、シラタマホシクサはすこし特殊のようです。とくに、栂池は長野県ということもあるので……。知っている限りだと、御岳や開田高原、白馬などにはなかったと思います。
 豊橋市教育委員会作成のパンフでは、井波一雄さんという方の報告で、三重県は愛知との県境付近、愛知県は、尾張・三河の境界周辺と豊橋市葦毛湿原周辺・渥美半島、静岡県は天竜川河口付近、岐阜県にもあって現恵那市である上矢作町あたりと地図では読み取れます。また、神奈川県の三浦半島。宮崎県の一部にあるという報告も見たことがありますから、「ない」という断言はできないのです。自分の目で確かめるしかないですね。
 ちなみにこの写真では、マツムシソウのように大きく見えますが、直径は1センチ程度のものですよ。
ぶちさんへ
2007/08/29 00:07
こんばんは。お久しぶりです。暑い中も頑張ってらっしゃるご様子。サギソウもシラタマホシクサも愛情に答えて開花でしたね。
うちの場合、真夏日にも日当たりに置いていて、外の発泡スチロールが小さいので水量が少なく、気温上昇に伴いお湯と化して傷めてしまったようです。
壁際で置き場が悪く、壁の反射熱でも熱中症になった可能性があります。置き場所、環境によって生育方法が個々に変わるのでは?とも思って反省しております。
種元の方にも悪かったです・・。
勉強して、来年こそ種から飛ばして見たいものです。

皆既月食がそちらでは見れたようですね。久々の雨でこちらは涼しいでした。
一花
2007/08/29 23:24
 こんにちは。コメントをありがとうございます。
 お盆過ぎまでは、こちらの暑さも厳しかったですが、雨が降るようになってからは、幾分過ごしやすくなってきました。
 サギソウ残念でしたね。壁際というのが厳しかったかもしれませんね。水にも注意していらっしゃったのに、ご苦労が報われなくて残念です。こちらは、風通しがどこよりも良い場所に置いてあって毎日見ているだけで、水切れがないかのぞく以外本当に何もしていないのですよ。
 クリスマスローズや桜草でも同じように言われますが、元の環境を再現してやる、という案外難しいけれど一度こつを飲み込めば難しくない、ということの現われなのでしょう。こちらでも、芋を掘りあげてみるまでは、まだ成功したとは言い切れません。
 このコメント欄の上の方のmizuwarabiさんが、サギソウの水のことに触れていますので、URLから一度のぞいてみてはいかがでしょうか。
 
一花さんへ
2007/08/30 12:12

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Link 私のお薦めです

 
歩く姿は… ちいさな植物園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる