ちいさな植物園

アクセスカウンタ

zoom RSS 逃がした魚

<<   作成日時 : 2007/08/20 17:59   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像

 この時期、次々とバラが咲いています。これは、「花かんざし」といいます。本来は、何輪も一度に咲く小輪のバラです。

画像

 これは、ブラッシュ・ノワゼット。細い茎に咲く優しい感じのバラです。

 午後、日が傾き始めると、田んぼの上をたくさんのアキアカネらしきトンボが飛び交います。まだ、体は赤くなっていませんが、羽に太陽が反射し、きらきらと光ってきれいです。真昼の炎天下には、さすがに虫たちも出ては来ませんが、小さな虫を追っているようで、夕方飛ぶ数は日増しにふえています。

画像

             あまり説得力がない写真ですね。

 説得力がない、といえば、あまりの暑さに、もうろうとしながら庭をまわっていたら、ぶーーんという大きな羽音が横をかすめました。オニヤンマがすぐ側に来て、草にとまったのです。「カメラ持ってなきゃ、だめだよ。」と言うようにして、飛び去りましたが……。それでも、あの勇姿はじっくり観察させてもらいました。そのあとすぐに、今度は大きな黒いアゲハチョウが、真上を横切っていきました。カメラを持っていてもなかなか撮れないので、悔しいというか何というか。こういう記事は「逃がした魚」では、問題外なのです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ブラッシュ・ノワゼット・・・うすいピンクの花びらが何枚もある優しい感じのバラですね。
カメラを持っていない時に限って、いい被写体がいるものです。悔しいですが、指をくわえて見ているしかありません・・・
黒いアゲハチョウを、一度自分も撮ってみたいです。
庭花
2007/08/21 04:04
 生きものも花たちも、暑さにめげずに元気でいて、テンション下がり気味の私を励ましてくれるように感じます。バラがこんなにこの時期に咲くとは思っていなかったのですが、ひっそりと咲いていて優しく、気持ちを鎮めてくれます。
 こんな具合なので、「いつもポケットにはデジカメ」ですが、それでもまだまだカミキリムシを数種類と、初めてであった角のないカブトムシ・コカブトムシを逃しています。「逃した魚」は大きくはないけれど、色々います。ましてや、飛んでいるものは撮れませんね。
庭花さんへ
2007/08/21 10:48

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Link 私のお薦めです

 
逃がした魚 ちいさな植物園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる