ちいさな植物園

アクセスカウンタ

zoom RSS クイズの時間です

<<   作成日時 : 2007/07/10 23:55   >>

トラックバック 0 / コメント 4

画像

 これは何でしょう?ヒント:毎日お世話になっている人も、多いはずです。

画像

 これは何の花でしょう。開花期は6月上旬でした。

画像

 これは、ある花の開花前の形です。正確には、つぼみとは言えないかもしれません。さて、どんな形の花が咲くと思いますか?

画像

 上級者向きです。これは、ミゾホオズキという野草です。これと同じ科の花を、山野草でも園芸種でもよいので、2つ以上あげてください。

 各地でほおずき市の話題が聞かれる季節です。上から2番目の花は、ホオズキの花です。まだこちらでは、赤く色づいてはいません。1番上は、ホップです。どんな風に成長するか、花の様子はどうか、まだ観察中です。ね、毎日お世話になっている人、いるでしょう?3番目は、タマアジサイといって、このあたりの山で最後に開花するアジサイです。もっとタマが大きくなってから開花しますが、詳細はこの花を通じて後日お伝えする予定です。
 最後の質問のミゾホオズキはゴマノハグサ科の草だったのですが、身近なものをあげてみると、トキワハゼやサギゴケがあります。それより園芸店で出回っているもののいくつかに、よく似た花を、ミゾホオズキはつけています。水気の多い湿地のようなところに生える野草です。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。今日はいきなり試験があり、頭が痛い?でした〜。毎日お世話になっている人もって、そんなお酒飲みさんだったらいいのですが〜。これがホップですか?ホウズキは育てたのですが、花の感じが横から見ると違って見えますね。タマアジサイは御岳山で自生を見ましたよ。蕾だけではアジサイの仲間とは思えませんね。
ミゾホオズキが咲いているのですか?育てている園芸種のミムラスに良く似ていますよね。これはまだ実物を見た事がないですが、同じゴマノハグサ科でしたね。

サギソウの黒くなるのは、病気以外に日照の所為ともありましたね。
一花
2007/07/11 00:52
 こんにちは。コメントありがとうございます。話題に困って苦しまぎれのクイズでした。意外性は、あったでしょう?ホップは小学生の時に、ビール工場で、原料用のからからに乾燥させたものだけ、見たことがありますが、ほぼ、そのままの花がつくものと思っています。寒いところで栽培されるので、夏を超せば残ってくれると思って試しています。ビール工場の近くに住んでいたので、すこし懐かしかったせいもあります。
 ミゾホオズキというとピンと来ませんが、ミムラスやアサリナに似ていますね。花の形が微妙に「受け」の形になっています。この花は、小さいのに野草っぽくなくて不思議な雰囲気です。ただ、あまり見たことがなかったので、今回調べるのに時間がかかってしまいました。
 サギソウ、あちこちで障害が出ているようですね。病気の時だけは、具合の悪いものを取り除くしかないようなので、見極めがだいじです。小さな浮き船水槽で水温があがりすぎても、良くないようです。以前は、発砲スチロールである程度断熱されると考えていたものが、この頃の暑さはそれを通り越してしまったようです。師匠は遮光ネットを張ったそうです。
一花さんへ
2007/07/11 11:28
ホップってこんな葉だったんですね。花が付いていれば分かったかも?確か雌雄異株だったような…と思いながらネットで調べてみたらいつの間にかにクワ科からアサ科にかわっていました。
mizuwarabi
2007/07/11 19:16
 たびたびおつきあいいただき、ありがとうございます。ホップはクワ科のようですね。昔のうっすらした記憶で雌雄異株だったのを思い出して、念のため2株植えたのですが、運試しですね。どちらが出るかは、不明です。松ぼっくり型の初めからカサカサしたような花が着くはずです。畑では、結構大きくなっているようなので、今年花が見られるかどうかは不明です。乾燥させたホップの香りを試したら、やっぱりビールの香りだったので、感心した記憶があります。小学生の工場見学だったので、大人たちだけが嬉しそうに試飲している様子ばかりが印象的でした。でも、小学生にもビールの香りはわかったんですねー(笑)。
mizuwarabiさんへ
2007/07/12 00:36

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Link 私のお薦めです

 
クイズの時間です ちいさな植物園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる