ちいさな植物園

アクセスカウンタ

zoom RSS あんな色 こんな形 3

<<   作成日時 : 2007/07/03 19:08   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 よく考えてみれば秋の七草の面々ではあるけれど、「いよいよ夏の花が咲き始めた。」と思わせる花たちが、顔をそろえました。わが園の花たちは、小さいものが多いのですが、小さいなりに個性を主張しています。

画像

 伊勢ナデシコ。雨の中の開花で、少々傷み気味。細い茎の先にしなだれるほどの大きな花が咲きます。

画像

 対照的な、キキョウ。この後、ピンク・白地に紫の吹きかけ、二重などが咲いてくれるはずです。

画像

 マルバストルム。アオイ科。ハイビスカスを小さくしたような花ですが、横にどんどん広がっていきます。一日で咲き終わります。

画像

 ポテンティラ・モナークスベルベット。色合いが変わっています。これは、バラ科です。花の形はイチゴ系ですね。

画像

 コンボルブルス・メアリーチーク。株元の葉と花茎の葉が別物のように違う形をしている、おもしろいものです。同じコンボルブルズでも、花は同じ朝顔のような花なのに、株立ちも葉の形も全く違うのがおもしろくて、今年3種育てています。よく知られているのは、ブルーカーペットです。

 こうしているうちに、雨の後の晴れ間と暑さを感じ取ったのか、アブラゼミの声が聞こえてきた(ような気がした)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。伊勢ナデシコは花屋で見かけたのですが、余りにも変った感じで??と思って買わなかったのですよ。画像だけで見たら、カラスウリかと思いましたが咲き方が面白いですね。
サラストロですが、ケントベルと比べて花の開き方がすぼまっていて、大きいですよ。花茎全体に産毛が生えていましたよ。今年結構殖えて株分けし、あちこちに植えて様子を見ています。ケントベルは日当たりを好み、これと違って花がテカっているようです。
メダカは最後の1匹が元気で泳いでいますよ。
サギソウはあとひと月ですか?葉が黒ずんでいるものがありますが、このところの日照不足の所為でしょうかね。咲いてくれると有り難いのですが、花後の管理が問題なんですよね。しっかりと増やして見たいですが。。蛍火が幻想的で上手く撮れましたね。
今日出かけた植物園で、長い〜蛇を見ました。
そしてうちの桜の木に鳥の巣を今日見つけて、雛が2羽孵っていました。あと卵も2個。目白でしょうか?毛虫を食べてくれているのでしょうね。この時期、ナメクジが凄いのですヨ。そちらはどうされてますか?
一花
2007/07/08 22:55
 こんばんは。いつもありがとうございます。伊勢ナデシコ、繊細な花ですが、ちよっと奇抜です。朝顔やホタルブクロでも、ありましたよね。カラスウリにも生える地域があって、このあたりではキカラスウリしかできないようです。わが園にもありますが、実は見たことがありません。あの花よりは、カワラナデシコのおおぶりという感じです。
 ホタルブクロのこと、お教えいただきありがとうございます。不思議なぐらい、野生種と形は同じなんですね。色が個性的です。少し大きめの鉢か地面に植え替えた方が良さそうですね。茎には産毛がしっかり生えています。
 サギソウは、水温の急な上昇などないですか?師匠は、葉の黒変は高温と、場合によっては病気を疑っているようです。掲示板にいくつか例が出ています。あと、ナメクジも食べるようですね。うちもきっとナメクジはそれなりにいるはずですが、植物の量の方がそれを上回っていて、あまり気にしたことはありません。気長に天敵くんに働いてもらう、がモットーです。風通しなどの改善で、アブラムシなども花がだめになるまでには至っていません。薬は、皆無と言っていいほど使ってはいません。
一花さんへ
2007/07/09 00:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Link 私のお薦めです

 
あんな色 こんな形 3 ちいさな植物園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる