ちいさな植物園

アクセスカウンタ

zoom RSS あいたたた…

<<   作成日時 : 2007/07/18 17:14   >>

トラックバック 0 / コメント 6

 久しぶりに一日庭仕事をして、目的をほとんど果たしていい気分になっていたら……。油断するもんじゃないですね。蚊取り線香はちゃんと焚いていたのに、片付けて、2〜3枚写真を撮って、伸びすぎたブドウのつるを避けようとしたとたん、チクチクッ!!
 やられました。通り道の桜の木に、小さなハチが巣を作っていたのです。以前、草刈りをしていて、巣ごと刈りとってしまった時も刺されたので、これで2回目です。それまで、ハチに刺されたことがなかった上に、ブヨにはめっぽう弱いので、大あわてで医者にかかり、2度目の心得まで聞いておいたのです。(動悸、吐き気等がくる)初めてよりも、次が怖いといわれるので、警戒していたのですが、今日は完璧にハチは想定外でした。毒抜きをして薬を塗って冷やし、あとは様子見です。幸い1時間以上経ちましたが、ひどいアレルギー反応は出ないようです。ただ、ちょっと、痛かったけれど……。
 巣の方は通り道にあって危険なので、しかるべき処置でハチに退散願い、人が触れないところに始末しました。こういう、危険な場所に作ったものでなければ、そのままにしてやることもあります。よく言われるのは、「巣を作る高さで、その年の水害の有無を占える」ということで、そういう意味では、いつもよりさらに低いところに作ってあったように思います。

画像

 すでに子どもがいるようです。
 
 さて、気分転換に。

画像


画像

 ナツボウズという、ちょっとかわいそうだけれど、実は季節になると納得する名前の花で、上が現在で、下が2月の様子です。別名をオニシバリ、黄花沈丁花ともいわれます。

画像

 エドシボリ(江戸絞り)。秋の花の代表格ながら、この時期に咲きます。白、紅単色はやや寂しげですが、これははなやかさというか、夏向きの清涼剤というか、明るさのあるハギです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。大丈夫でしたか?田舎では何度か経験で蜂に射されて腫れてましたよ。
これってとても腫れて固くなり痛いですよね。確かアンモニアをすぐ塗って、また泥を擦り付けるとよい、と田舎の応急処置でした。
アレルギーの息子も以前射されて病院に行きましたヨ。
スズメバチでなかったのですよね。蜂の子は身体に良いとかで、男の方は焼いたりして食べてらっしゃいましたよ。うちも幾つか出来てますが、今の所では悪さをしないようですが。。でも気をつけてですね・・。
「巣を作る高さで、その年の水害の有無を占える」のですか。自然の中では不思議が起るのですね。
オニシバリって、春に植物園で開花を見たことがあったのですが、夏になると落葉して坊主なんですね。先日出かけて以前あった所を見たら何もなかったのですよ。
江戸絞りも咲いてきましたね。これって何度も咲き、花期が長いですよね。
先日のクサハナビも次々咲いてきますよね。
そうそう、ネジ花の差し替え画像、とても綺麗でしたね。
一花
2007/07/18 22:10
 こんばんは。コメントとご心配をいただきありがとうございます。おかげさまでハチに刺された方は、今は何ともありません。それでも庭仕事の時に油断していてはいけませんね。お互いに気をつけましょう。毛虫なども、かぶれますからね。アウトドア用品売り場に、注射器を逆さにした形で毒抜きができる、「ポイズンリムーバー」というものがあります。ハチに有効かどうかは、無責任には言えませんが、ブヨに刺されたときには、これでかなり腫れを防ぐことができます。自分の口で血が流れ出るまで吸い出すのが一番早いのですが、口が届かない時に便利です。
 ナツボウズ、この名前でなかったら、枯れちゃったかな?と思うでしようね。完全に散って枝だけになります。長雨で花が傷みやすいのが残念ですが、それでもいろいろな花が咲いてくれるので、手を掛ける甲斐があります。
一花さんへ
2007/07/18 22:42
蜂に刺されたのですか?かわいそうに・・・。葉っぱの裏にいたようですね。なかなか気付かないものです。刺されると、悔しいやら痛いやらで落ち込みますよね。その後の経過はいかがでしょうか?
ナツボウズは、夏になるとボウズになるんですか?面白いネーミングですね(笑)。
庭花
2007/07/20 14:33
はちにさされたところは、大丈夫ですか?
だんだん虫が多くなって、特に我が家は蚊が出るので、外に出て庭仕事するのがおっくうになります(てなこと言ったら、名古屋の街の虫なんて大したことない!!!とおこられそうですが)。
ブログのきれいな写真に、いやされています(私のブログもなんとかしなくちゃ)。
追伸 今度展覧会に生け花を出品することになってしまったのですが、花材は「えのころ草」。空き地に生えているものを拝借してくるのですが、夏近くなって青々とした元気な草が見つからなくて困っています。花材集めにも一苦労です。余談でした。
ぶち
2007/07/21 12:40
 しばらくPCを放っていたので、お礼が遅れました。蜂の巣のことなど考えてもみなかったので、焦りました。確かにおっしゃるように悔しかったです。でも、転んでもただでは起きず、一度は捨てた蜂の巣を拾い上げて、撮ったのがあの画像です。
 巣のつくりは、何度みても感心しますが、実害は困りものです。腫れ、かゆみは(痛いよりかゆいのでした。)だいたいおさまりました。
 ナツボウズはなんだか気の毒なネーミングですが、(ヘクソカズラとかクサギとかも)「あー枯れちゃった。」とがっかりしなくても済むので、いいのかもしれません。
庭花さんへ
2007/07/22 09:22
 今日は、久しぶりに晴れているので、きっと色々用事をこなしていることでしょうね。夏休みにも入って、ばたばたしているのかな?私も虫除けは万全の上にも、万全にしています。長袖を着て、蚊が多そうならば虫除けスプレーを服の上から掛けます。蚊取り線香も足下に置いたり腰に下げたりします。近頃強烈な蚊がいて、腫れて痛むので用心しています。ブヨは、出る時間が決まっていて、午前10時から午後4時までは大丈夫です。でも、ほぼ通年出ることを忘れないように。虫除けは、医薬品とあるものの方が、効くようです。余談ですが、海外の蚊にはそれでないとだめみたいです。
 生け花の課題も、考えて出して欲しいですね。ちょっと時期には早かったのかな。この雨続きで蒸れてしまったものもあるだろうし。大半の雑草は、雨でますます元気になったようですが。
 ブログ、やっているのですか?これから始めるにしても、またアドレス等教えてくださいね。楽しみにしています。
ぶちさんへ
2007/07/22 09:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Link 私のお薦めです

 
あいたたた… ちいさな植物園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる