ちいさな植物園

アクセスカウンタ

zoom RSS 見事なまでに、巻いています

<<   作成日時 : 2007/06/21 22:46   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像

画像

画像

画像


 モウセンゴケです。暖かさと、湿気でますます元気に生長しました。(もちろん、サギソウもずいぶん大きくなってきました。)これから開花ですが、この「くるくる」は、今しか見ることができません。愛知県豊橋市の葦毛湿原では、この花の開花が伝えられていました。
 わが園のモウセンゴケは、当初数えるほどのものでしたが、だんだん殖えてずいぶんな数になりました。そろそろ専用のスペースが必要かもしれません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。昨日だけ雨降りで、今日はまた真夏日でしたね。
モウセンゴケの花って初めてです。くるくるは、ワラビかゼンマイみたいな感じですね。
これは食虫植物で、サギソウのミズゴケと共生なんですね。しっかりと見たことがなかったですが、独特のスタイルですね。
先日、夫がサギソウの浮く船の中を見て、小さなボウフラが泳いでいる〜^!!と凄いのですよ。
良く見たら、小さなものが動いているようでした。慌てて捨てて、また違う貯め置きのペットの雨水を注ぎました。ひめだかさんか、めだかさんかを泳がせるべきでしょうか?
緑の蛙さんは可愛いですが、トカゲは色がキツイですネ。
一花
2007/06/24 00:08
 こんばんは。コメント、ありがとうございます。こう天気が続くと雨が恋しくなったりして、勝手なものです。モウセンゴケ、これからこのゼンマイがゆるんでいって花が咲いていきます。つぼみが見えますか?ロゼットもくるくるで、「食虫」からは連想できない愛らしさです。そのうち、ミミカキグサというもっと小さい食虫植物も登場しますよ。今年は、たくさんモウセンゴケが出てくれたおかげで、捕虫現場も何度も見ることができました。食虫植物専門の愛好家がいるのも頷けます。
 めだかを飼ったらという件については、暑い時期に水温が上がりすぎなければいいのですが、私は試していません。(オタマジャクシは勝手に泳いでいますが。)猿渡さんは田の土を入れてミジンコをふやし、小さなうちにボウフラを退治してもらうことを勧めています。水を換えてもボウフラの方が生命力旺盛なので、限りなく繰り返すかもしれないですね。ミジンコも泳いでいるはずですよ。
 
一花さんへ
2007/06/24 01:21

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Link 私のお薦めです

 
見事なまでに、巻いています ちいさな植物園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる