ちいさな植物園

アクセスカウンタ

zoom RSS クレマチス クレマチス! 2

<<   作成日時 : 2007/06/09 21:09   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像

 ようやく開花のテッセンです。かつては、クレマチス全体をも指して、テッセンと呼んでいた時期もありますが、しっかりした蔓の故でしょう。これが、実際に今テッセンと呼ばれている、中国の原種系クレマチスです。花弁でもある、おしべの紫が鮮やかです。花弁に見えるのは、ガクにあたる部分ということは、よく知られてきましたが、たまたまこの花は本来6枚あるものが5枚になっています。今シーズンは、この紫の部分がとても大きい、園芸種がよく出回っていました。

画像

 まだこれから開花を待つ頃の、テッセン。

画像

 近日開花の白万重(しろまんえ)。やはり原種系で、これから更に開花していくと、どんどん姿が変化していくので、一株でいろいろな種類の花が咲いているように見えます。

画像

 ルージュ・カージナル。これは原種系ではありませんが、少し控えめな感じで色もいいので、ご近所さんに評判のいい花です。一般的なクレマチスのように、もっと大きく開きます。

画像
 
 最後は、少し前に花が終わっていますが、原種ということでミヤマハンショウヅルです。その辺にもありそうでいて、花が咲いているのを見かけるチャンスがありません。この花も、このあと虫にかじられてしまいました。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。白い鉄線の蕊の紫で素敵ですね。こんなのが出回っていたら求めますが、ブログでも育ててらっしゃって、結構人気のようですね。
自生の白いカザグルマと言うのもあるそうですが、そちらでご覧になられましたか?蕊が違いますが、感じが似ていますね。開花の様子、面白いですね。
近日開花の白万重(しろまんえ)ですか?名前が優雅ですね。これからの開花、どんなになるかお楽しみですね。
先日ガーデンセンターで、紫のこんな感じを求めてきました。花後八重っぽくなってましたよ。でも原種系でないようで園芸種でしたよ。
赤紫はご近所さんに評判ですか?ルージュなんですね。
ハンショウズルもこの頃出回っていますね。自然の鐘の音が聞こえそうな感じですね。
品種によって、四季咲きは剪定するとか色々難しそうで、ちっとも覚えられません。うちは半日陰が増えて花付が悪くなり、育てていてちょっと可愛そうです。
これも鉢管理なさってらっしゃいますか?うちもですが、これからは水遣りが大変ですよね。
一花
2007/06/10 00:20
 こんばんは。コメントありがとうございます。テッセンはシンプルでいて凛とした雰囲気を持っていて、花材としても好まれていますね。カザグルマも「土岐(岐阜県の地名)のカザグルマ」として、栽培しているものがあります。自生で咲いていたら、嬉しいかもしれません。雨とホコリで汚れてしまっていたので、きれいにして後で紹介しますね。
 テッセンも白万重も中輪で、淡紫の開花鉢の立派なものを今年はよく見かけました。花弁が盛り上がってくるようでしょう?長雨になるときれいに咲ききれないので、晴れ間を待っています。皆、鉢植えですが暑さと水不足対策には、地植えの方がいいかもしれません。ここでは草が強くて、地植えが躊躇されます。今年の夏は、水遣りもがんばれそうですし。(去年はちょっと手抜きだったのを、反省してるんです。)
 剪定は難しいですが、うちは芽吹きが始まってからで開花しています。支柱の立て直しや枝の整理、よりたくさんの開花を期待するならそれぞれに応じての剪定が必要でしょうね。先日訪ねた高山では、鉢のそれぞれに品種名、分類と手入れまで細かく手書きした札をつけているお宅を拝見しました。

 
一花さんへ
2007/06/10 00:48

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Link 私のお薦めです

 
クレマチス クレマチス! 2 ちいさな植物園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる