ちいさな植物園

アクセスカウンタ

zoom RSS 入梅の その前に

<<   作成日時 : 2007/06/01 18:15   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 九州の一部で梅雨入りした。この地方はまだだが、ここのところ、安定しない天候が続いている。

画像

 シロヤマブキ。1度花は終わったが、新しい枝を伸ばし終えて、再びの花を見せてくれた。せいぜい1〜2日の命。曇り空には、はっとするような白い花。

画像

 麦秋も晩期になった。先日の晴れた日に、「もう、こんな天気の日には、撮影できないだろう。」と撮った1枚。(小)麦色があんまり美しいので、涙が出そうになった。 

画像

 クサイチゴの実が色づいた。宝石のようだ。めったに私たちの口には入らない。

画像

 スイバ(すかんぽ)の種も、よく見ると美しい。

画像

 近日開花のエーデルワイス。日本にもいろいろなウスユキソウがあり、この株がどれに分類されるものかは不詳。だんだん広がってきて、花の芯に当たる位置に丸い本当の花が咲く。放射状に囲むのは、葉にあたる。白い産毛が光を反射して、全体が白い花の形に見える。

画像

 ラグラス・バニーテールの充実した穂。ベージュに色づいたものを選んで1本ずつ折り取り、乾燥させる。今年はいい出来だったので、まだまだ続いて穂が出てきているのと、長さが違いドライにしたときに見た目がいいので、一度に刈り取らずに節のところで折った。うまくいくと、これを種にして、また発芽してくれる。手で触れていると、まさにウサギか子猫のような感触で葉まで柔らかく、地道に折り取っていても楽しい。タイミングが早いと、乾燥したときにやせ細ってしまうし、遅いと雨にぬれたり蒸れたりして、ふわふわ感が損なわれてしまう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。今日から6月で、もう九州の一部で入梅のニュースでしたね。
雨の時期になると、虫が活動しますね。うちもレンゲショウマの鉢で育ていて、花芽の1本を食べられて折れました。ガッカリ〜ですが、あと2つ残っていて、さっき夜回りしてきました。
麦秋映像はTVでそのパッチワークのような様を今日見ましたよ。黄金色?に実のって、農家の方達だけでなく見る者に感激で、やはり日本は農耕民族なんですよね。
これは日本のエーデルワイスでしょか?昔観たサウンドオブミュージックの映画の、あの歌が懐かしいですよね。初めて見て育ててちょっとガッカリしたこともありました。
断崖の女王さまも本来の花期は今頃なんでしょうね?
うちはまだお元気ですよ〜。ラグラスもこんな可愛いのですね。スカンポも画像がとても美しく素敵ですよね。
絵をやってらっしゃるとかでしたよね。
一花
2007/06/01 22:58
 こんばんは、たくさんお返事された後に、ありがとうございます。私って文型の頭のくせに理科が好きで、人やものの名前を覚えるのが苦手という、バランスの悪い生徒だったんです。ムシムシ大行進で圧倒的に多い虫たちに妥協するしかない毎日です。寒さで花が遅いのに、入梅は暖かいところと同じなので、バラは開花前に雨です。ラ・フランスというバラの開花を楽しみにしていたら、上半分ごっそりかじられたり、バッタがアジサイ好きで、花や葉の軸をかじって折ってしまいます。摘蕾だと思って、いい花を期待するのですが、悔しくて。
 エーデルワイス、これはホームセンターで買ったもので、小花のものもあり、いずれも身元不詳。大平ウスユキソウという、日本のものもずっと後に開花予定。この株は4シーズンここにいます。この花に、日本人はロマンを持っていますね。女王様は、花後再び成長して、形が変わりました。
 一花さんのおかげで、食わず嫌いが減って、手にも取ってみなかったものも、試してみるようになりました。

一花さんへ
2007/06/02 00:08

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Link 私のお薦めです

 
入梅の その前に ちいさな植物園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる