ちいさな植物園

アクセスカウンタ

zoom RSS で、…出た!!

<<   作成日時 : 2007/05/31 19:53   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 出ました。今、外出先から帰ってきたのですが、途中、山中の細い道で、この夕暮れ時の薄暗闇にまぎれて、おとなの雄のニホンジカ(ホンシュウジカ)に出くわしました。久しぶりだったのと、細い道で相手が動いたらぶつかっていたのと、立派な角をもっていたのと、その高さを入れるとこちらの乗っている車よりも背が高かったのとで、びっくりしました。たぶん相手も、ヘッドライトで一瞬足がすくんだのかしばらく立ち止まり、すぐに引き返すように山に戻ったようでした。同乗者は車のほうが強いと思っているようでしたが、ぶつかれば、お互いに結構なダメージがあったでしょう。我が家からは、車で7〜8分の場所です。今日はサルも見かけましたが、今までに、イノシシ・野ウサギ・ニホンカモシカ・テン・タヌキなどにも、車に乗っていて出会っています。
 シカは、家の近くまで来ているようで、夜、哀しげな鳴き声が聞こえることがよくあります。

画像

 五月の最終日ということで、家の湿ったところに咲くアヤメです。平野部では、菖蒲祭を始めたところもあります。かつて高校・大学に通い、仕事でも通ったある土地に、杜若(カキツバタ)の自生の大群落があって、天然記念物にもなっていました。アシなどが生えてくるのを、保存会の方たちが丁寧に取り除いて、群落を守っていました。たくさんのカキツバタがあるので、中には色変わりしたものや、形の変異を起こしたものもあって、朝もやにけむる頃に見に行くと、とても幻想的でした。

 それにしてもこのごろのタイトルは、なんだかとても漫画っぽくなってしまっている気がします。(反省)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
>で、…出た!!
で思わず釘付け(^o^)
私も山に行った時、車で出会ったんです
カモシカに…
カモシカも私に出会ってしばらく呆然として立ち止まって見てました。
(^_^;)…お互いびっくりするんですね。
しばらく見合ってから、カモシカ逃げていきましたよ。
百合香
2007/05/31 21:22
 こんばんは。お待ちしてました。コメントありがとうございます。
 そうですか。出会いましたか。カモシカはふえすぎてしまっているのですよ。飛騨地方の猟師さんが言うには、そのカモシカをクマが食べてるんですって。だから、メタボなクマになって、クマ肉の味が落ちるし、首のくびれ(ダジャレじゃないですよ。)がなくなって、わなにかからなくなっているそうですよ。(ちなみに私が食べたクマ肉はおいしかったです。)
 今日のシカはカメラに収められなかったことが、ちょっと残念。ネコやタヌキはライトに驚いて、動けなくなってしまうようです。今日のシカは、タクシーを待つ人のように道路わきで立っていましたが、カモシカのときは、道に立ちはだかっていました。その子の場合は、子供のようだったし。でも、ふえすぎているとはいえ、「死なせてしまうと、後が大変。死体が残っていると、もっと大変。」(土に返ってくれていればいいのだが)と役場職員が、裏話を語ってくれました。
百合香さんへ
2007/06/01 01:40

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Link 私のお薦めです

 
で、…出た!! ちいさな植物園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる