ちいさな植物園

アクセスカウンタ

zoom RSS 山には山の

<<   作成日時 : 2007/05/17 21:15   >>

トラックバック 0 / コメント 3

 今日はまず、周辺に自生している草木をご覧ください。杉・檜が多い中にも、こんな花たちが息づいています。
 
画像

 ヤブデマリ。園芸種もありますが、これは、自然のものです。かわいいチョウチョが集まったかのようです。

画像

 この株そのものは、わが園内にあるものですが、藪の足元などにもちゃんと顔を出しています。そろそろ花を準備して、花茎が毎日ぐんぐん伸びてきています。この赤がまた鮮やかで、葉の模様とあいまって、なかなかいいものです。花が咲いたら是非クローズアップをご覧になってください。こんな小さな花1つに、神様はなんて素敵な造形を与えたのだろう、と感心させられます。
 反面、この葉をてんぷらにするとおいしいと言われていますが、こんなにたくさん家にあるのに、食べてみたことがありません。

画像

 川の向こう側で、あまりいい写真ではありませんがベニウツギの仲間です。川のこちら側、つまりわが園内には、個々の花の色に濃淡のあるニシキウツギかハコネウツギが植えられていますが、川向こうは紅色一色です。スイカズラ科とあるので、昨晩、甘い香りが漂っていたのは、この花の香りだったのかもしれません。夕方になると香る花もあるのです。

画像

 同じ、香りのある木でも、これは山椒の花。雌雄異株ということですが、ちゃんと実がなるところを見ると、ここにある木が偶然雌雄なのか、誰かがせっせとどこからか花粉を運んでくれているのか……。そういえば、手前の木は毎年実っていたけれど、奥の手の届きにくいほうの木はどうだっけ?山椒さん、お世話になっている割に無頓着で、ごめんなさい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。前の画像に、また蛇君が鎌首を擡げていましたね〜。あわわ〜〜でした。素敵な花にぼーと上を見ていると、下に蠢いているのですか?蝮ではないですよね。オニグルミにはリスが来ていたのですか?リスは可愛いですよ。うちは地リスの仲間のプレーリードッグを飼っています。可愛い反面何でも齧ること!!家具がぼろぼろ〜。それに大食い!!
クレマチスもダブルの珍しいもの見せて戴きました〜。去年の一重が何故か今年ダブルになっています。突然変異?ヤブデマりは甘茶みたいですね。ユキノシタはうちも凄いのですよ。食い坊として天婦羅で食べました〜。おひたしは不味かったです〜。
サンショウもお世話になりっぱなしで、雄花だけでした。筍料理の酢味噌などにも重宝しますね。
一花
2007/05/17 23:48
 おやおや、ちょうどコメントを頂いたばかりのようですね、ありがとうございます。でも、ゆっくり見てゆっくりコメント頂けれればいいですよ。あんまり几帳面になっては、楽しめなくなってしまいますし。
 もうすぐ昨日になりますが、出かけた先で、バラ園ものぞいてみました。農協直営で苗も生産者ごとに区画が仕切ってあって、宝探しのような店ですが、面白いところです。つごう3軒も花屋めぐりをしてしまいましたが、それぞれ特徴があるので品揃えが違います。よく利用する店は別にありますが、今日は激安店などでした。そんなところも含めて、これから記事にします。ヒメヒオウギの白も買いました。たしかにうちの赤い花は、種だったか苗だったかを4〜5年前に植えたまま、放置されています。
一花さんへ
2007/05/18 00:06
 ぜんぜんお返事になっていなかったので……。これはシマヘビです。マムシもいますが、自分が藪の中にいなければ(開けたところならば)、まず大丈夫ですから安心してくださいね。他にもアオダイショウやヤマカガシがいます。まぁ、ここの気候なら普通の顔ぶれでしょう。リスもかわいいですが、このブログを始めた頃には、ヤマネと遭遇したことが2回あります。すごくかわいいですよ。絶対に写真には撮れないと思いますが。知人宅には、モモンガが棲みついていた事があるそうです。クレマチスはたぶん、八重と一重が行ったりきたりしやすいのだと思います。咲き始めが一重で、咲き進むと八重になるものもあります。白万重(しろまんえ)というのを、今度咲いたら見せします。残念ながら、大好きなのに、今はペットは飼っていません。その分(?)、花に手を掛けています。
一花さんへ
2007/05/18 00:17

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Link 私のお薦めです

 
山には山の ちいさな植物園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる