ちいさな植物園

アクセスカウンタ

zoom RSS 千年桜〜岐阜県高山市 臥龍桜〜

<<   作成日時 : 2007/05/01 02:21   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

 この桜に会いたくて、飛騨高山まで行ってきました。満開になったのが4月22日、訪ねたのは27日でした。前日は途中でみぞれ、高いところでは粉雪が積もるほど降りました。翌日も春雷にヒョウが混じりました。この日は、悪天候の合間のお花見日和でした。

画像

画像

 下は、上の写真の位置から左方向へ少しまわったものです。右側の幹が本来の主幹で、左向きに伸びて倒れ、地面に接して根を下ろしています。長い年月の間に悪天候などで幹が折れたり腐ったりして、途中から2つに分かれてしまっていますが、本来は1本のコヒガンザクラです。樹齢は1000年を越すと言われ、岐阜県内でもう1本有名な古木『薄墨桜』に次ぐ古い桜で、その姿から『臥龍(がりゅう)桜』と名づけられています。
 JR高山線高山駅のひとつ名古屋寄り、飛騨一ノ宮のちょうど駅前にあり、普段は高速で通過する特急列車も花時だけはスピードをゆるめて、ひととき桜を眺めながら走り抜けます。

画像

 この枝は特別花が多いようですが、それでも全体に今年は花がたくさん咲いているように思います。年によっては、樹勢が弱ったり雪が多くえさのない鳥たちに食べられてしまったりと、目に見えて少ないときもありますが、久しぶりに見たひいき目を差し引いてもきれいに咲いているものだと、感心させられました。

画像

 こんな風にうろができて補修の手が加えられ支えられ、途中で1本だった木が折れて新たに大地に根をはり、また伊勢湾台風時には幹が折れて枯れ落ち……と文字通り風雪に耐えて生きてきた樹です。けれどもたくさんの鳥が集まったり食べ物となったり、地元の人の手で守られ、大勢の人が時の流れに思いを馳せつつ仰ぎ見る様子をみると、にぎやかな飲食つきの花見宴会とは一味違う時間の流れがあるような、そんな桜です。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Link 私のお薦めです

 
千年桜〜岐阜県高山市 臥龍桜〜 ちいさな植物園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる