ちいさな植物園

アクセスカウンタ

zoom RSS 捨てたはずが

<<   作成日時 : 2007/04/25 18:49   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

 ほかの花を撮ろうとしていた。何か他にもないかと見回したら、にんじんのような、繊細できれいな切れ込みのある黒味がかった葉。近づくとエンゴサクやケマンに似た緑のつぼみ。キケマンだった。もしくはミヤマキケマンかもしれないと、調べて分かった。まだ、色づくのに2、3日かかるだろう、また来ればいいと思った。ところが……。

画像


 遠目に見ると、あったはずの場所に草花が立っている気配がない。あれあれ、と寄ってみると姿がない、かに見えて、沈んだ草色が周りの土や石の色に溶け込んでいただけで、すぐに折れたものが見つかった。30pほどはあるので、邪魔にされてしまったのか、根元から折れていた。しかも、シブ派手系のその草は、他にはどこにも1本も見当たらない。確かに私も、この辺りでは初めて見た。普段同じようなことが起こっても、たいてい代わりになるものが近くに見つかることが多いが、キケマンは見たことがない。これからは探してみる、という宿題もできたわけだ。
 この画像はそういったわけで、根を1p残して折り捨てられた株を水揚げして回復させ、モデルさんになってもらった。うまく回復させられれば、少し種が取れることを期待しているが、ちょっと心配なことになってしまった。折って捨てた人にとっては、「捨てたものを拾って、何やっているの。」というだけのことかもしれない。『卯の花腐(くた)し』の雨も、少しは助けになってくれた。(ポリアンサたち花の大きなものが少しくたびれ始めてしまったが。) 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Link 私のお薦めです

 
捨てたはずが ちいさな植物園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる