ちいさな植物園

アクセスカウンタ

zoom RSS ここで出会えるとは

<<   作成日時 : 2007/04/02 18:13   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像

 ブログを書きながら懐かしく思っていたら、家の片隅にホトケノザを見つけた。記憶の色よりなおいっそう鮮やかな花色!!つぼみのように見えるのは閉鎖花で、こればかりついている時もある。その閉鎖花がビロードのような感じで、また美しく思う。

画像

 先代か先々代が、イワヒバで池の周りの庭造りをしたときに植え込んだと見られる、ショウジョウバカマ。残念ながらもう花は終わっていて、なんだか燃え尽きたような色になっている。たぶんピンクだったはず。きっとどこかの山中で見つけてきたのだろう。花の脇から新芽が伸びだそうとしている。
 
画像

 畑ワサビ。根っこではなく、茎を食べるために栽培されるが、根ワサビほど流水を要求しないようだ。辛味を出すために、皆自分流のやり方を編み出している。さっとゆでて密閉容器に一晩入れておくのが一般的で、砂糖でもむか塩でもむかと、あいさつ代わりにたずねあうのも楽しいこの時期だ。近頃は園芸店でも苗が手に入る。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。花冷えで、こちらはまた寒かったですよ。
わざわざショウジョウバカマの自生の様子、教えて下さって有難うございます。
こんな感じで、葉がロゼット状なんですね。画像が大きくて、しっかりと見れましたよ。花茎が花後にしっかりと伸びてますね。そして葉の先からこれから若しかして葉芽が出来るのでしょうね。
そして、畑山葵ですか?花山葵として苗で3株求めたものが殖えてます。虫も美味しいと、しっかり食べられてます。これってサッと湯通しして、三杯酢に入れてしっかりと振って傷めるとピリリ感が出ますよね。うちでは量が少なくて、店で求めたものが酒肴になってますが、今年まだ試食してません〜。如何でしたか?
一花
2007/04/04 21:30
 コメントありがとうございます。時間がとれれば、(とるためには)どの時間帯でも出没のひめだかです。どちらかといえば静かで何事もはかどるので宵っ張りですが、土しごとにせっつかれて、昼夜不問の春先です。いたって元気です。
 花ワサビは、しょうゆ漬け・甘酢・三杯酢それぞれおいしいですね。肉、魚利料理の箸やすめに、ついつい箸が進んでしまいます。田舎では自家製の粕漬けにして、市販のわさび漬けのようにする家もあります。かわいい根もついていますし。庭のは置いておいて、直売所で一把100円にお世話になっています。これから店頭がコゴミやタラ、コシアブラなど山菜でにぎやかになります。
 
 
一花さんへ
2007/04/05 10:41

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Link 私のお薦めです

 
ここで出会えるとは ちいさな植物園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる