ちいさな植物園

アクセスカウンタ

zoom RSS なつかしい匂い

<<   作成日時 : 2007/04/21 20:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

 普段目の届きにくいところをゆっくり歩いていたら、なんとも形容できないけれども「なつかしい」と言うしかない花の香りが、漂ってきた。ずっと沈丁花の香りの中で、すっきりした気分で庭仕事をしてきたが、「?これは何の匂い?」と、すぐには香りを放つ元が分からなかった。見回してみると、頭上にあったのがアケビだった。しかも、見慣れた渋い薄紫の花と違って、すっきりした流行の(?!)グリーン系。ウィリアム・モリスのツタ紋様の世界を思い起こしてしまった。このかわいらしい、小ぶりの花が、どうやったら、あのぽってりとした果実にと変身していくのだろうか。
 追記  調べてわかったこと。ゴヨウアケビの花は紫で、アケビは淡紫色、ゴヨウアケビはアケビとミツバアケビの雑種と考えられている。(『日本の樹木』より)それでも、ここの花は特段淡い色合いをしている。


画像

 昨夏まで草木がはびこって立ち入りにくかったところを、少し整理して春先にキンモクセイやサルスベリを植えた。もうすでに、草たちの若い芽が侵入の隙をうかがっているので、少々気をつけていなければならないが、正直には歓迎できない草の芽たちの中、今まで気づかなかったところにギボウシがみずみずしい姿を現していた。山菜として、食べることもできる。摘んで食べてみようか、薄紫の花を待とうか。

画像

 最近、小さな姿が好まれているヒナソウ。よく盆栽などにも添えられているが、和物の草花ではないそうだ。ずっとちいさくちいさくかがみ込んで、鉢いっぱいに広がっていたが、3年めぐらいだろうか、初めて咲いてくれる。星を散らしたように一斉に咲く、開花株ばかり見ていたので、つぼみがこんな風につくのは知らなかった。キキョウのように、つぼみに十字が入っており、だんだん丸く膨らでいくとはじけるように割れて上を向き、あの見慣れた十字の星型になるようだ。

画像

 最後は田んぼのお客さん。真っ黒なイモリが、ときに水底を歩き、ときに手足を胴に添わせてゆらゆらくねくねと泳ぐのを、子どものようにかがみこんでしばし覗き込んでしまった。あの、真っ赤なお腹は、色も模様もちょっと不思議な感じがする。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Link 私のお薦めです

 
なつかしい匂い ちいさな植物園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる