ちいさな植物園

アクセスカウンタ

zoom RSS チューリップに積もる雪

<<   作成日時 : 2007/04/18 16:49   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 ネット上のニュースでは各地の降雪を伝えています。大分県ではチューリップの頭に白い雪が積もる様子が伝えられ、幸い当地では雪は降っていませんが、あたたかさになじみ始めた体には、やや手ごたえのある寒さです。でも、この2、3年夏の暑さが去るとすぐにセーターを着る寒さ、逆に冬が往くとあっという間に(ほどよい季節がなくて)、すぐTシャツなどといった体に自然ではない季節の変化だったので、かえってじわじわと春がやって来てくれて、心身ともに楽な気がします。「三寒四温」とか、「ひと雨ごとに来る春」がやっぱりいいのです。
 
画像
 
 少し遅れて訪れた、コンテナ植えのスイセン・タリア。別名雫スイセンといって、トリアンドラス系、夏場コンテナの場合は鉢ごと乾燥させる、とメーカーのカードにあります。ラッパ咲きよりも線の細い印象です。
 わが園のチューリップは、今季あまり植えませんでした。まだ、あおくて若いつぼみがやっと顔をのぞかせたところです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。昨日、今日は雨で寒いでしたね。あ〜〜何また夜更かしで、もう明日です〜。
この頃何時も珍しい植物園の花の様子拝見させて戴いております〜。
このスイセンもまっ白で珍しいですね。色々珍しいものを見ると、また欲しくなります〜。
うちの庭も3日見ない間に、チューリップがもう散リ始め、藤が開花でハナミズキも咲いてきました。
ガーデニングの鉢の植え替えもしなくてはならず、これから忙しくなりますね。
そちらは山菜のワラビとか出ますか?先日、筍、ワラビを求めましたが、どうも昔田舎の新鮮なものを食べていたので、何となく鮮度がなく、旨みに欠けるようです。
山椒の葉が出て酢味噌としては美味しいのですが。
猿が出て桃を食べ、猪も筍を食べるのですね。
一花
2007/04/19 00:58
 このスイセンは、花屋さんにも「これ、純白で素敵ですね。」といわれたもので、咲くのがとても待ち遠しかったのです。大きいけれども繊細な感じです。私も外泊時は週間天気予報とにらめっこです。途中で雨が降ってくれないと、植物たちがかわいそうですからね。
 山菜は、定番のタケノコ、わらび、こごみ(栽培)、蕗各種(ヤマブキ他)、タラノメは貴重で、コシアブラという別の木の芽が割と手に入りやすいです。植林地などがちゃんと手入れされていれば、もっと色々な山菜も採りに入りやすいと思います。
 イノシシは猪突猛走るだけでなく、跳んだり彫ったりが得意です。よくイモ類も掘り出されます。タケノコもたくさん採れた時には、食べきれない、なべに入らなくて困るほどですが、ここ数年それだけの収穫は期待できません。でも、どれも採れたてでおいしいですよ。
一花さんへ
2007/04/19 07:08

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Link 私のお薦めです

 
チューリップに積もる雪 ちいさな植物園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる