ちいさな植物園

アクセスカウンタ

zoom RSS つい、うっかり

<<   作成日時 : 2007/03/19 19:17   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 あー、またやってしまった。延長ホースの撒水口、つまりハンドルにジョウロのついた、あれを接続したままでいたので、凍結してプラスチックが破壊されてしまった。数年前に水抜き不十分で冬の間にしまってあったものをだめにして以来、ついこの前までは用心してその都度はずしていたのに、ちょっと暖かくなってきたものだから油断してしまった。それでもある程度は水を抜いていたけれど、水の力は強力だ。罰として今日の水やりは水の冷たさに耐えながら、手で加減した。はじめのうち、中で凍った水が千歳飴のようになってするすると出てきたのには笑えた。愚痴になるが、すぐに買えるほどご近所にホームセンターがあるわけではないのが、田舎の「玉にキズ」。
 夜間はそんなに寒いのに、昼間日が当たればどんどん乾くので、それだけ植物たちが生長していくのだと思えば、水やりを怠ることはできない。そっちのうっかりで、今年も大事な仲間を失うことのないように。

画像

 これは、最近購入したプリムラ・ブルガリス。ジュリアンをやさしくしたような感じ。これも原種だとか。
暖かさが続いた後のこの冷え込み、勘違いして伸び始めた芽吹きが寒さで傷んでしまわないことを願うのみ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。プリムラの仲間はたくさんあり、私は好きで色々育てています。
今日の記事は、偶然「ミヤマサクラソウ」だったのですよ。(今ある事で忙しく、暫くコメント削除しています)
「プリムラ・ブルガリス」はヨーロッパの原種ですが、そちらで出回っていて良かったですね。欲しいのですが、何故か良く行く花屋さんでは見かけないようです〜。結構強くて、あちこちで夏越しして、殖えているのを見かけますよね。お宅でもどんどん殖えてくれると良いですね。
そちらは、未だ水道が凍結で、どちらにお住まいなんでしょうか?
>中で凍った水が千歳飴のようになってするすると出てきたのには笑えた。
面白い表現ですね。私同様、食いしん坊さん?
先日の記事に、金針菜の事が書いてありましたが、あれはカンゾウの花なんでしょうね。うつ病に良いとか聞いた事がありますよ。そして身体に良いとか。昔、産後にたくさん食べましたが、今でも時々です・・。
花より団子の記事も好きなんですヨ。
そちらの庭や野には山野草が溢れていて、採り立てをすぐ食してらっしゃって、身体に良さそうですね。
一花
2007/03/19 23:21
一花さま
 コメント欄削除が気になっていましたが、゜お忙しいだけであれば安心です。食いしん坊、ばれましたか。
 春先は『山菜』として栽培・販売されるものに限らず、おいしいものが野山に見つかります。親に手を引かれた頃は、道すがら、遊びながら口にした草花たちを教えられ、車で走り回る今でもきょろきょろ。以前そういう習慣を知らない日系ブラジル人の友と山中を走っていたとき、景色のいいところや水辺だけでなく、新緑や若草の茂みを見つけては車を止めていたのを不思議そうにするので、
「食べものは田畑からしか採れないのではないよ。」と言うと、実際に採ってみせてはいませんが、彼は「私の目には山が食べものでいっぱいに見えるんだね。」と笑っていました。ひよこどころか自分の食べものとして、目に入るのかもしれません。どちらかというと、今日出たサルに負けず、動物目線に近いものが。もちろん、車で花とすれ違ったときにも、なんだか光って見えるような、呼んでくれたような気がしてたいてい止まります。また今年も会えたね、と声をかけながら。
ひめだか
2007/03/21 16:46

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Link 私のお薦めです

 
つい、うっかり ちいさな植物園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる