ちいさな植物園

アクセスカウンタ

zoom RSS 掘り出し物

<<   作成日時 : 2006/11/20 17:36   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 いろいろな用事が立て込んで、自分のしたいことがお留守になっていたある日、春夏咲きの球根を植え込みました。前にも取り上げたピンクのムスカリ・ピンクサンライズ、たったひとつしか買う勇気がなかったため、後はベビーブルー、バレリーフィネスの球根を入手し、スイセンは毎年一種ずつ違う品種、今年は純白のタリアを植えました。。他には大小のどちらかというと原種に近いユリ、苗で入手したハーブ類、山野草に近い草花などです。原種に加え、日本の古典植物のようなものにも目が向くようになってきたのは、年をとったってことなのかなぁ。向島百花園にも惹かれます。
 種苗店に行ってレジを済ませると、このパンジー・ビオラの花盛りの植え込み適期に、花のついた苗をほとんど買ってない自分に、いつもながら苦笑します。でも、花が咲くまでの待ち時間がまた楽しいもので、クリスマスローズなどもあと3年くらい咲かないことが分かっていてもぜんぜん気にせず、むしろ安い分多く買えることを喜んでいるような、植物園管理人です。
 さて、その植え込みには一年草などが植えられていた古い土を再生して使うのですが、たまにフルイにかけた土の間から、球根がみつけられたりして、ちょっと嬉しくなります。まぁ、昨シーズンのプランターを、球根が植えられたまま放置していた自分にも問題があるかもしれませんが。でも、地上部が枯れて何度か見ても根まで傷んでいると思われて、処分したクリスマスローズらしき株に、新芽がついて生き残っていたのを同じ土から発見したときは、まさに掘り出し物!!と、声を上げてしまいました。偶然に近いものの、株を捨てずに土の中で夏越しできたのが幸いしたのですね。さすがのクリスマスローズも、暑さ・寒さに弱い品種もあって、ラベンダー同様、気を使います。ここの土地は冬はかなり寒く、夏は結構高温多湿、と園芸好き泣かせなのであります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Link 私のお薦めです

 
掘り出し物 ちいさな植物園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる